プロジェクト

フリーエリア

iPhone何度も同じ曲が同期される件 -その3-

| 2017-11-19 | 20:00:00(Sun) |
[Admin] [NewEntry] [EditEntry]


iPhone何度も同じ曲が同期される件 -その3-


-その2-からの続き。


mp3タグを全曲登録し直した後、あまりの地道な作業が報われなかったこともあって、しばらくは諦め状態にあった。


しかし、音楽ファイルに付与されているタグがどうもおかしい・・・・

というのは、-その2-で書いた「治らなかった」項目があることからも引き続き持っている疑念であった。


何ヶ月か経って、ふとあることに思い当たった。

音楽ファイル(パソコンに保存されているmp3ファイル)に格納されているmp3タグと、iTunesが管理しているタグ(というかプロパティ的なもの)が一定の条件で「別物」であるということ。


もちろん、基本的にはiTunesで表示される曲タイトルとか、アルバム名とか、アーティスト名とかは、mp3タグから読み込まれているが、iTunesではそれ以外に多くの項目を曲やアルバムのプロパティとして表示したり、制御に使用したりしている。


たとえば、

レート、ラブ、曲の追加日、最後に再生した日、再生カウント、スキップ数などなど・・・

これらの項目があることによって、スマートプレイリストなどで様々な面白いプレイリストが作れたりする。


img05.jpg


では、これらのiTunes独自の項目はどこに登録、保存されているのか?


えーっと、どこだっけ?とひとしきり遠くを見るような目をしてみる。


思い出した。


「iTunes Library.itl」


である。


早速テキストエディタに読み込ませてみる・・・・・・

・・・・・・・・


img06.jpg 


・・・・・・・・

読めない。


で、ググッてみると、「iTunes Library.itl」で管理されている曲情報は、ほぼ全て(完全に全てではないらしい)は、「iTunes Library.xml」にコピーされる。

「iTunes Library.xml」の役割は、iTunes以外のアプリケーションで曲情報の種々の項目を利用できるようにxml形式で記述されたファイルを用意している。


早速、テキストエディタに読み込ませてみる。


ある曲の曲情報がこうなっていた。


img07.jpg 


ここで、注目したのはこの一文。


<key>Work</key><string>◎mw</string>


この中の文字列「◎mw」が、iPhoneのアルバム表示時の曲タイトルになってしまっていた。


IMG03.jpg 


もともと、この文字列は私がある時(かなり昔に)グループ欄に記載したもの。

◎・・・お気に入りの曲

m・・・progressiv metalな曲

w・・・女性ボーカルの曲

などのように、幾つかの記号を使って分類を試みていたときに記載したもの。


グループ欄に記載すると「Grouping」という項目に表示されるのだが、それが何故か「work」という項目に保存されている。


「work」という項目は曲のプロパティのどの項目なのか?


グループ欄でなければ後はコメント蘭しか見当たらないが、コメント蘭の場合は「Comments」となる。


img08.jpg 


わからん

・・・・

・・・・

・・・・


と思って、プロパティを眺めて見つけたのが、1曲だけ選んで見るプロパティにはなくて、複数曲やアルバムなどを選んでプロパティを開くと現れる項目があることを見つけた。


それが、「□作品と楽章を使用」である。

これに、チェックをいれると

「作品」、「楽章」、「名前」

という項目が出現する。

この中の、「作品」が「work」に保存される内容であることがわかったのである。


img09.jpg 


なぜ、もともと、グループ欄に入れていたものが、作品蘭に移ってしまったのかはわからない。

iTunesのバージョンアップ(Ver.11)が怪しいような気がしているが、不明である。


というわけで、早速、iTunesのこの項目を全曲ブランク(何も記載されていない状態)にする作業を開始。


全曲完了して、念のために一度iTunesを再起動して、iPhoneと同期してみると・・・


なんと

「iPhone内の標準ミュージックアプリのアルバム表示の曲タイトル不具合の件」

が治っていて正しい曲タイトル表記になっている!!


IMG11.png


で、しかも、その後何度か同期したが、

「iPhone何度も同じ曲が同期される件」

も、発生しなくなっていることが判明した。


結局、iTunesの複数曲を管理する項目「work」が影響していることがわかったのだが、この問題を最もややこしくしていたのは、「□作品と楽章を使用」のチェックが外れている(つまり使用していないつもり)であっても、iPhone内では使用されているのと同じ働きをしていた点にあった。


img10.jpg 


はぁ~、長かった。なんと長かったことだろう。

問題の解決にこれほど時間のかかったことは珍しい・・・・


ナニワトモアレ、治ってよかった。


スポンサーサイト



Tag:

iPhone何度も同じ曲が同期される件 -その2-

| 2017-11-19 | 08:00:00(Sun) |
[Admin] [NewEntry] [EditEntry]


iPhone何度も同じ曲が同期される件 -その2-


-その1-からの続き。


ある日、こう思った。


何度も再転送されるわけだから、パソコンに入っていてiTunesに登録されている音楽ファイルの何かと、iPhoneに入っている音楽ファイルの何かに差異があるから、同期の際に最新の状態にしようと転送が繰り返されるのではないかと。


ということで、疑ったのは音楽ファイルのタグ。


私の場合は、iTunesを使うようになる以前から音楽ファイルをmp3形式で運用してきたので、今でも音楽ファイルは全てmp3形式となっている。

このmp3-Tagに何か問題があるのではないか?ということ。


*******************************************************************************

実は、タグ関係の不具合としては2つの問題を抱えていた。


1.なぜか突然アートワークが消える件


これは、知らないうちに(というか曲再生がトリガーになっている感じだった)音楽ファイルのアートワークが何もない状態になってしまうもので、そのたびにアートワークを登録し直していた。


2.iPhone内の標準ミュージックアプリのアルバム表示の曲タイトル不具合の件


これは、アルバム表示のときに曲のタイトルが以前にグループに入れた文字列が入っていて、曲タイトルがわからない状態になっているというもの。原因が全く分からず困っていた。


IMG03.jpg

*******************************************************************************


ということもあって、一度、全曲のタグをきちんと治そうと考えた。


そこで、MP3Tagというフリーソフトを用いて、全曲のタグを再登録し直し、アートワークも入れ直した。


img04.jpg


3万8千曲全てのファイルのmp3タグを修正し確認してみた。


1.治ったこと


「なぜか突然アートワークが消える件」が治った。

何ヶ月か使用してみたが、アートワークが消える現象が発生していないことが確認できたので、これは治ったのだと思う。


2.治らなかったこと


「iPhone内の標準ミュージックアプリのアルバム表示の曲タイトル不具合の件」

グループを全て消して、タグも再登録し直してもこの現象は治らなかった。

全く原因不明・・・・


「iPhone何度も同じ曲が同期される件」

そして、そもそも、これも治らなかった。

相変わらず、数百曲が同期時に再転送されてしまう現象は続いていた。


つづく・・・・・





Tag:

iPhone何度も同じ曲が同期される件 -その1-

| 2017-11-18 | 23:11:00(Sat) |
[Admin] [NewEntry] [EditEntry]


iPhone何度も同じ曲が同期される件 -その1-

それは突然やってきた・・・


はっきりとは覚えていないが、おそらくiTunesをVer.11にした頃だったと思う。

最初は、

「あれ?」

っと思った程度だったのだが、次第に

「なんだこれ?おかしいぞ」

と思うようになった。


同期を行うとかならず数百の曲が同期(というか転送)されていることに気づいたからである。


img01.jpg


私の場合、iPhone内に約2500曲を入れてスマートプレイリストで

「最も以前に再生した曲」

などの制御を使って、自動的に少しづつ曲を入れ替えるような音楽ファイルの同期の仕方を行ってきた。

一日あたり、10曲~20曲を聴くと、聴いた曲はそのスマートプレイリストからは削除されて、iTunesと同期した際には新たに削除された曲数分だけ追加転送されるというもの。


したがって、iPhone を同期すると、多くても数十曲程度が新たに同期(というか転送)されるのが常だった。


ところが、いつの頃からか突然数百曲程度の曲がiPhoneの同期の際に、必ず転送されるようになってしまったのである。

もちろん、iTunes側で何か変更を加えたわけでも、再生したわけでもない。


いろいろとググッてみたが、同じような現象で困っている人は見つけるものの、解決に至ったという方法は見つけられずにいた。


当然ながら、「ミュージックを同期」のチェックボックスを外し一旦iPhone内の音楽ファイルをなくして全曲転送し直したり、iPhoneを復元してみたり、iTunesを再インストールしてみたりと、一通りのことはやってみたが全く解決できず。


img02.jpg


結局、暫くの間諦めていた。


そうこうしているうちに、iOS 、iTunesのメジャーアップデートがおとずれ、メジャーアップデートで改善されないかと淡い期待をしたのだが、その期待は無残にも打ち砕かれた。


ちなみに、もうひとつ特徴的な現象があった。それは、iPhoneをパソコンにUSBで接続したまま、2度めの同期を行うとこの現象が現れないということ。

ここに、何かヒントはないかと、やはりググッてみたが解はなかった。


つづく・・・・・




Tag:

BOSS Line Selector LS-2 購入

| 2017-11-12 | 22:26:56(Sun) |
[Admin] [NewEntry] [EditEntry]


BOSS Line Selector LS-2 購入

BOSSのLine Selectorを買った。
調べてみると、1991年から発売されているとのことで、約26年前からあるんだ!


さて、今回これを買ったのはバッキングとリードギターの音量と音色を変えたセッティングをしたくて2つの歪み系エフェクターを使うところから始まる。
バッキングからリードに変わるとき、歪み系エフェクターを2つ踏み変えようとするとどうしてもドタバタしてしまって、最悪両方共OFFになっちまう失態も・・・・そんな時こいつがあればとっても便利。

ちなみに、県内のHARD OFFを7件くらい回って見つけた。
価格は6,500円。箱なし、説明書なし。
筐体がとても綺麗なので妥当な価格と判断。

IMG_9316.jpg

詳しい使い方は「定番ラインセレクター!BOSS LS-2の様々な使用法」のようなところを見てもらうとして、BOSSのMetal ZoneとBEHRINGERのULTRA METALをA/B切替できるように接続。(下の写真)
コードが短いのしかなくてかなり不細工な接続になってしまった・・^^;
※ちなみに、下の写真に半分見切れているZOOMのMG-50Gは最近ノイズリダクションとコンプレッサーとしてしか使っていない・・・

このLS-2ってやつは2LOOPまでならメッチャ優れもの。
LOOPのA/B切替だけじゃなくて、A/Bの音量も別々にコントロールできるし、ブースターのように使うことも出来るし、バイパスも使えば3段階の切替ができるし、A/Bのミックスもできるし、とても便利なやつ。

IMG_9317.jpg

というわけで、LS-2が一個増えて手狭となってしまった手作りボード。
電源コードもゴチャゴチャしてるのでもう少し整理しないといけない。
ナニワトモアレ、今回は下の構成でリードの切替のときにLS-2を踏むのと、時々アクセント付けにコーラスを踏む。
とてもやりやすくなった・・・ε-(´∀`*)ホッ

IMG_9319.jpg   






Tag:

11/05のツイートまとめ

| 2017-11-06 | 04:07:47(Mon) |
[Admin] [NewEntry] [EditEntry]


memory_note

瞳を閉じて_平井堅 - ロックアレンジ https://t.co/6prUcUcChp
11-05 22:03




Tag:
アクセスカウンター
累計: 検索エンジン登録はUNFINISHED
本日: SEO対策はUNFINISHED
昨日: メール配信はUNFINISHED

アクセスアップはUNFINISHED
楽天市場


最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
SoundTracking
検索フォーム
twitter
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR