FC2ブログ

プロジェクト

フリーエリア

ロックアレンジしてみた曲一覧

| 2019-10-31 | 00:44:00(Thu) |
[Admin] [NewEntry] [EditEntry]



J-Popのロックアレンジ/弾いてみた


色んなJ-Popをロックアレンジして楽しんでいます。

↓作成したロックアレンジの再生リストです。



ロックアレンジしてみた曲/弾いてみた曲一覧
57.勝手にシンドバッド - サザン・オールスターズ - ロックアレンジ
37.栄光の架け橋_II - ゆず - ロックアレンジ(re-upload) (欠番)
33.みずいろの雨 _ 八神純子 - ロックアレンジ
16.粉雪_レミオロメン - ロックアレンジ (欠番)
5.栄光の架橋-ロックアレンジ (欠番)

スポンサーサイト






Tag:

【ノートPC再生】NEC LaVie PC-LS150JS6R のHDD換装とOSのインストール

| 2019-08-18 | 14:36:00(Sun) |
[Admin] [NewEntry] [EditEntry]


【ノートPC再生】NEC LaVie PC-LS150JS6R のHDD換装とOSのインストール

2019/08/17にアップした記事で父のノートパソコンからデータをサルベージしたことを書いたが、その時のノートパソコンを父から引き取ってきた。

NEC LaVie PC-LS150JS6R
IMG_0821.jpg

で、せっかく引き取ってきたのでなんとかならないかと思い、下記のプランを検討。

・CPU・・・・とりあえず、このまま行く。サブPCのとして使うので。
・HDD・・・・新しいの買う必要あるが、SSDを検討。価格的に250GBが限界か。
・メモリ・・・4GB搭載されている。16GBまで認識可能。とりあえず、2倍にする。
・OS・・・・・Windows10 Homeで。

ということで、近所のグッドウィルへ。

上記のプランで行く上で予算を概ね20,000円として商品を物色開始。
・HDDというかSSD
 ・・・・とりあえず、一番安いのを購入。5,500円くらいだったかな。
IMG_0818.jpg

・メモリ
  青い基板の方はもとから入ってたやつ、緑の基板が今回の購入品。ノーブランド。
  2,000円ちょいだったかな。
IMG_0817.jpg

・OS
  Windows10 Home。なんかDSP版よりも、通常版のほうが安い・・・
  今ってそんなものなのか?DSP版の存在意義って?15,000円。
IMG_0820.jpg

目標の20,000円に対しては、若干足が出る結果となったが、ま、許容範囲ということで購入。
ちなみに、Amazonで中古品のNEC LaVie PC-LS150の価格を確認してみると、同型のものはなかったが、13,000円~30,000円程度だった。

金額だけ見ると微妙な判断となる結果だが、こちらは記録デバイスをSSDにしたところが味噌。これで、ありがちなボトルネックを解消して少しは快適な動作になる・・・はず。

いよいよ、Windows10のインストール

あれ?
IMG_0827.jpg

あれれ?
IMG_0829.jpg

ディスクが無いのね、今は。
この四角い物体がUSBメモリということに気づくのに、軽く30秒かかってしまった。
我が家にある他のWindows10マシンは、Downloadしてインストールしたからなぁ。

ということで、パーツを全部搭載してBIOS画面へ。
SSD250GBとメモリ追加4GB分が認識されていることを確認。
IMG_0825.jpg

起動順序をUSB Memoryを先頭にして、F10 をポチッとな・・・・

IMG_0826.jpg

え~~~ッ!!
今ってこんなに早いのォ?
30分足らずで、ほぼインストールが完了してしまった。

windows10画面

ドライバーも、一応色々ググって準備していたんだけど、インストール直後に問題のあったドライバーは一個だけで、これも、更新したらビックリマーク!が消えたのだ。

とりあえず、音声やディスプレイ、ネットワークなどなど、大きな問題がないことが確認できた。

そして、最大の動作の快適性については、非常に快適!!
とても、7年前のパソコンとは思えない(というのは言い過ぎか?)くらいに、快適な動作が出来ている。
起動も、早いし、ネットサーフィンも動画鑑賞もなんにもストレスなし。

めでたしめでたし。



Tag:

【読めなくなったHDD】壊れたパソコンからのデータサルベージ

| 2019-08-16 | 17:34:31(Fri) |
[Admin] [NewEntry] [EditEntry]


【読めなくなったHDD】壊れたパソコンからのデータサルベージ

さて、今年の夏。
実家に帰る前に、父から電話が・・・
「パソコンが壊れた。買ったところへ持ってったら復旧不能と言われた。
データのサルベージも保証できないし、出来ても出来なくても2万円かかると!
助けてくれ~」・・・・・と。

助けられるかどうかわからないが、プラスドライバー各種と、HDDをつないで外付け化するケーブルと、手持ちの換えのHDDを持って、いざ実家へ。

壊れたという、パソコンは↓こちら。
NEC製LaVie PC-LS150JS6R
2013年に購入。

IMG_0821.jpg

最初は、Windows8だったが、Windows10の無償アップグレードのときに、父が何もらずにアップデートしてしまっていた。
とりあえず、動いていたが今年のはじめころは非常に動作がもっさりしていた。

今回、父が訴えてきた症状は、
・電源入る。
・NECのロゴがでる。
・「ようこそ」画面になる
・パスワード入れられる。
・デスクトップの壁紙が表示される。
・・・・・・・・・・・・ここで、永遠に止まってしまっている。

なにが起こったのかは、父の説明からは定かでなかったが、何かが動作している最中に、電源を強制的に切ったらしい。
時期的には、「Windows 10 May 2019 Update」で、パソコンの動作がいつもと違う状態になり、強制的に切ったのかもしれない。

いくつかググってみたが解決に至らず、もともとあまりにも動作が愚鈍になっていた(Windowsの起動時間がとんでもなく長い、起動してもアプリの起動が亀より遅い)ので、再インストールという手もあったのだが・・・・
・リカバリーディスクなし。
・孫の写真や確定申告のデータを何とかしたい。
・HDDの破損状態が不明。
などなどあって、父は「新しいパソコン買うモード」全開に。

ということで、近くの家電量販店で新たにノートパソコンをご購入。
を購入。
新ノートPCについては、初期設定しただけなので割愛。

さて、ここからがようやく本題。

新しく買ってきたノートPCを母艦にして、旧ノートPCのハードディスクからデータのサルベージを試みる。
本当は、色々写真を残しておけばよかったのだが、すっかり忘れて作業に没頭していた。
IMG_0819.jpg
まず、やったのは単純にHDDを取り出して、外付けとしてつないで見る。
母艦PCでは、ローカルディスクとして認識されなかった。
「ディスクの管理」で見てみると、3つくらいパーテーションが区切られていて、おそらく「システム領域」「データ領域」「リカバリー領域」になっている。
「ディスクの管理」では見れるのに、ローカルディスクとして認識されていないので、単純なサルベージ作業はできないことが判明。

ここから、ググってググってググりまくってようやく到達したのが、「testdisk」

これまで、いちども遭遇したことがなかったソフトウェアだったが、いくつかのサイトなどを参考にしてやってみたら、なんとHDDのディレクトリーが見れるようになって、必要なデータをコピーして救出できてしまった。
最初は、とっつきにくいソフトウェアであったが、くり返し使うにつれてやり方が見えてきて、最終的にはスムーズに進めることが出来た。

結局、救出したデータは父の要望通り、
「孫の写真データ」
「筆ぐるめのアドレスデータ」
「確定申告の過去データ」
こいつらの在り処を探して、サルベージに成功。

2万円出さなくてもなんとか救出成功。
めでたしめでたし。





Tag:

【DIY】DTMデスクを自作してみた(エフェクタースライダーの自作)

| 2019-07-28 | 14:58:00(Sun) |
[Admin] [NewEntry] [EditEntry]


【DIY】DTMデスクを自作してみた(エフェクタースライダーの自作)

今回はDIYで、書斎の机をDTMデスクに改造したお話。
↓これが出来上がりの画像。
IMG_0761.jpg

さて・・・・
普通、アマチュア・ギタリストの多くが使っているエフェクターボード/ケース。
私も、こいつにエフェクターを並べて使っていた。
使うときには、蓋を開いてボードとして使えるし、片付けるときには蓋を付けて収納。
と、非常に便利なグッズ。



だけど、宅録するとき、結局エフェクターを床に広げるため狭い書斎の床がとても煩雑に・・・・
そこで、思いついたのがキーボードスライダーの応用。
PC用のキーボードの代わりに、MIDIキーボードを乗っけているDTMerの人もたくさんいたので、乗っけるものをエフェクターにすれば良いんじゃね?と。



で、買おうと思って楽天で見てみたらあまりバリエーションがない。
それに、もともと、PCに用キーボードを乗っけるのに考えられているから、いまいち剛性なさそう。

で、いろいろググっていたら自作が出てきたのでやってみることに。

まずは、必要なものをホームセンタで購入。
一番の肝は↓のスライダー。

IMG_0755.jpg

スライドレールには、ベアリングタイプとローラータイプがあるらしいが、ベアリングタイプの方が後々いいらしい。(何が良いのかわからないが)

さて、このスライドレール。
本来の使い方は、キャビネットの壁と引き出しの側面に付けて使うものなので、それぞれに直接ビスなどでつければよいのだが、今回は少し状況が違う。

私の書斎のテーブルは、約40mm厚の天板にサイドキャビネットがついているだけの、作り付け。
なので、その天板にこいつを付けなければならない。

なので、L字の取付金具を使用。
↓の写真はスライドレールにL字金具を付けたのだが、使うネジの頭の高さを考えて買わないと引っかかってスライドしなくなってしまうので、注意が必要。

IMG_0756.jpg

第2の肝となる部材は、板。
今回は、エフェクター、オーディオ・インターフェイスなども含めて幅750mm、奥行き300mmを想定。
板の側面に、内側のレールをネジ止め。
15mm厚の板に、M4 15mmのタッピングビスを3本使用。

IMG_0757.jpg

んで、このあとは例によって写真を撮るのを忘れてしまった。
まず、L字金具付きの外側のレールをできるだけ真っ直ぐに取り付ける。
次に、一度板をはめてみて、反対側のレールの位置を確認しながら決める。
反対側の外側レールも取り付け。
最後に、板を取り付けておしまい。

IMG_0764.jpg

とりあえず、エフェクター置いてみた。グチャグチャだけど。

IMG_0758.jpg

スライダーを机下に収納してみた。
もちろん、この状態でも電源さえ入れてあれば、音が出せる。
IMG_0759.jpg

耐震用の滑り止めシリコンシートを使って、もう少し位置をきれいに整えてみた。
右のZoom MS-50Gが斜めっているのは、ギターのシールドコードとスライダーのL字金具が干渉するため。

IMG_0762.jpg

ということで、うちではPreSonusのStudio One 4 Primeを使って宅録している。
もし、外で演奏することがあったら、こいつらをケースに入れて持っていくことになる。
IMG_0760.jpg

ちなみに、エフェクターなどの電源は机下のテーブルタップに集約しているが、いまのところ、かなり煩雑になっているので、もう少し整理が必要。

IMG_07632.jpg


つうことで、これで宅録ライフは充実するのか?

















Tag:

【オーディオインターフェイス】Roland Rubix 22 購入

| 2019-07-28 | 14:04:00(Sun) |
[Admin] [NewEntry] [EditEntry]


【オーディオインターフェイス】Roland Rubix 22 購入

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ROLAND Rubix22 USB AUDIO INTERFACE オーディオインターフェイス
価格:17982円(税込、送料無料) (2019/7/28時点)


今まで、TASCAMのU-200など、近くの楽器屋”ハードオフ”でその時々の一番新しいものを購入して使ってきたが、特に、Mooer Radarを購入したことによって、ちょいとオーディオインターフェイスにも気を使ってみようということで、新し目のものを買ってきた。
それが、Roland Rubix 22。
オーディオ・インターフェイスを、新品で買ったのは初めて買ったEDIROL UA-3依頼だな。

IMG_0739.jpg

発売日は2017年7月。すでに発売から2年経っているが、今まで使っていたTASCAM US-200が2011年3月頃なので、約6年分の技術進歩が・・・笑

簡単に製品の特徴を。

  • 最大24bit/192kHz。2in/2outのUSBオーディオ・インターフェース
  • クリアな音質を実現する、徹底した低ノイズ設計と堅牢なメタル・ボディ
  • 低ノイズ、高音質設計のマイク・プリアンプを2機搭載
  • 安心の録音環境を提供する視認性の高いレベル・インジケーター
  • Ableton Live Liteのライセンスを付属
  • 音楽創作に最適、Windows環境ではASIOに、MacOS, iOSではCoreAudioに対応

とにかく、可能な限りギターサウンドをありのままにDAWに送りたいということで、24bit/192kHzbに期待。
あとは、回路品質による音の劣化とかがなければ・・・

IMG_0741.jpg

繰り返すが、2017年の製品なので製品レビュー的なことはしないが、一つだけあってほしかった機能が、PCからの出力と、ギターインプットの出力のバランスを調整する機能が欲しかった。
Rubix 24以上にはついているらしいが。

IMG_0742.jpg

ということで、サウンド的には気に入って使っている。
しばらくこれ使っていく。



Tag:
アクセスカウンター
累計: 検索エンジン登録はUNFINISHED
本日: SEO対策はUNFINISHED
昨日: メール配信はUNFINISHED

アクセスアップはUNFINISHED
楽天市場


最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
SoundTracking
検索フォーム
twitter


RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR