FC2ブログ

プロジェクト

フリーエリア

【音楽:洋楽】 Tony MacAlpine / Edge of Insanity (1986年)

| 2011-02-24 | 00:20:48(Thu) |
[Admin] [NewEntry] [EditEntry]


Tony MacAlpine / Edge of Insanity (1986年)

先日は、日本のポストロック系の音源をご紹介しましたが、今日は、私が好きなジャンル。
ネオクラシカル系のギターアルバムのご紹介です。

トニー・マカパイン。

初めて聞いたアルバムは、これではないのですが、この「エッジ・オブ・インサニティ」がトニー・マカパインのデビューアルバムです。
私が持っている、CDのジャケットは。ハイヒールを履いた女性の脚が男の手で掴まれている構図だったのですが、女性蔑視とかそういうので差し替わったんでしょうね。きっと。

さて、内容はというと、高度な音楽的理論はよく分からないのですが、とても、素晴らしい楽曲が、これまた度肝を抜く抜群のギター演奏でホント何度聴いても聴き飽きないアルバムであります。
ウィキペディアとか、下のHMVの評を見ても、クラシック的な楽曲の要素が含まれていたりするそうですが、私には、バリバリのハードネオクラシカル&スーパーテクニカル・ギター・アルバムにしか聴こえません。(笑)

Tony Macalpine トニーマカパイン / Edge Of Insanity 輸入盤 【CD】
ジャンル:ロック
フォーマット:CD
レーベル:Shrapnel
発売日:1996年03月05日
商品番号:1021
発売国:USA
組み枚数:1

イングヴェイ・フォロワーの中でも抜群のテクニックとセンスでもって一躍人気を集める存在となったトニー・マカパインのファースト・ソロ・アルバム。

スティーブ・スミス(Drums)、ビリー・シーン(Bass)という強力な援護射撃を得たマカパインは正しく水を得た魚のよう!
華麗に弾きまくっています!

クラシック・ピアノの素養があるだけに、それっぽいフレーズもバンバン飛び出します!ギター・インストの名作!
(HMV楽天市場ストア)

曲目リスト
1.Wheel of Fortune
2.Stranger
3.Quarter to Midnight [Live]
4.Agrionia
5.[Interlude]
6.Empire in the Sky
7.Which and the Priest
8.Taker
9.Chopin Prelude 16, Opus 28
10.Edge of Insanity
11.Raven
12.No Place in Time

今一番売れているものをチェック!!
スポンサーサイト






Tag:洋楽 Tony_MacAlpine Edge_of_Insanity ネオクラシカル インストゥルメンタル ハードロック

【追悼】【音楽:洋楽】 Gary Moore / Back On The Streets (1978年)

| 2011-02-08 | 01:04:46(Tue) |
[Admin] [NewEntry] [EditEntry]


Gary Moore / Back On The Streets (1978年)

昨年5月にロニーを見送ったばかりだというのに、今度は、私のギターヒーロー”ゲイリー・ムーア”が黄泉の国へと旅立ったのであります。

スペインの高級ホテルで休暇中、現地時間2月6日(日)の朝、死亡していたのを発見されたとのことでうす。
(2/7現在、死亡原因調査中)
訃報は検索していただければすぐ見つかることでしょう。


バック・オン・ザ・ストリーツ/ゲイリー・ムーア
Gary Moore - Back On The Streets
バック・オン・ザ・ストリーツ
/ゲイリー・ムーア

バック・オン・ザ・ストリーツ
ゲイリー・ムーア
ユニバーサルミュージック(株)
JAN:4988067004437

MVCM-21033
1991年12月16日発売
2,039円(税込)
送料無料

曲目リスト
1.バック・オン・ザ・ストリーツ
2.ドント・ビリーヴ・ア・ワード
3.狂言的なファシスト
4.スノー・ムースの飛行
5.ハリケーン
6.ドナの歌
7.皮肉な奴になりたいのか
8.パリの散歩道


さて、私がゲイリー・ムーアの楽曲と出会ったのは、78年発表のアルバム「バック・オン・ザ・ストリート」。
アイルランド生まれのゲイリー・ムーアが25歳という脂の乗り切った時期に製作されたソロアルバムなのです。

当時、このアルバムを聴いた私は本当にしびれましたね。
一曲目の「バック・オン・ザ・ストリート」のスリリングなハードロックにはじまって、ブルージーな「ドント・ビリーブ・ア・ワード」 、パッキッシュな「狂信的なファシスト」、速弾きギターをフューチャーしたフュージョン「スノー・ムースの飛行」「ハリケーン」、メロウな「ドナの歌」、ギター・フュージョン「皮肉な奴になりたいのか」を挟んで、最後はフィルりノットとの共作「パリの散歩道」・・・・・・・・

どの曲も、外すことの出来ない、そして、どの曲も後のゲイリー・ムーアの布石として繋がって行く楽曲が並んでいてゲイリー・ムーア最高のソロアルバム、そして最高のギターアルバムがこの「バック・オン・ザ・ストリート」なのです。

高校の頃、このアルバムを擦り切れるまで(当時はレコードだったので)聴きまくりました。
ホントに、擦り切れてノイジーになってしまったので、後でCDを買い直したくらいです。

彼の音楽人生の後半は、ブルースへの傾倒、そして、デジタルとの融合など発展を見せましたが、ハードロック志向の頃のような速弾きは抑えていましたね。

何にしても、これでまた、私の青春を彩ってくれたアーティストが一人逝ってしまいました。
心からご冥福をお祈りいたします。




Tag:洋楽 Gary_Moore Back_On_The_Streets ハードロック ブルース フュージョン バラード

【音楽:洋楽】 Michael Schenker Group / The Michael Schenker Group (1980)

| 2010-09-24 | 00:57:36(Fri) |
[Admin] [NewEntry] [EditEntry]


Michael Schenker Group / The Michael Schenker Group (1980)

私が洋楽ハードロックの世界に足を踏み入れる事になったのは、何を隠そう(隠してもしょうがないですが)マイケル・シェンカーのせいです。
実際には、UFO時代のライブアルバムが最初のきっかけですが、このアルバムが出た頃は、
「そう!マイケル・シェンカーって神だよね!!」
って、思ってましたよ。

レコード(CDなんて影も形もない時代)をなんども取り出して聴くと傷むといけないと思い、カセットテープにダビングして聴いてたんですよ。
テープは、すぐダメになるのでなんども録り直しました。

んで、一生懸命ギターコピーしようとして頑張ってましたねぇ。

ちなみに、このアルバムでは「Michael Schenker Group 」となっていますが、本来のメンバーはマイケル自身と、ヴォーカルのゲイリー・バーデンだけで、あとはレコーディングのためのメンバーでした。
ベースはモ・フォスター、ドラマーはサイモン・フィリップス、キーボードはドン・エイリー。
すっきりしたサウンドでしたが、マイケルのギターが際立つような感じがして好きでしたね。
何度聴いても色褪せない、青春の一枚です。
(※下に紹介しているものは2000年に発売されたボーナストラック付きのものです)
(※この他にも、2009年に発売されたデモ音源付きのものもあります。)

神(帰ってきたフライング・アロウ)
神(帰ってきたフライング・アロウ)

神(帰ってきたフライング・アロウ)

価格:1,619円(税込、送料別)

・発売日: 2000年05月24日
・レーベル: (株)EMIミュージック・ジャパン
・発売元: (株)EMIミュージック・ジャパン
・ディスク枚数: 1枚(CD1枚)
・総曲数: 12(アルバム)
・収録時間: 52分06秒
・メーカー品番: TOCP-53138
・JANコード: 4988006781511

曲目タイトル:
1.アームド・アンド・レディ
2.クライ・フォー・ザ・ネーションズ
3.ヴィクティム・オブ・イリュージョン
4.ビジョー・プレジュレット
5.フィールズ・ライク・ア・グッド・シング
6.イントゥ・ジ・アリーナ
7.ルッキング・アウト・フロム・ノーホエア
8.テイルズ・オブ・ミステリー
9.ロスト・ホライズンズ
10.アームド・アンド・レディ(ライヴ)
11.イントゥ・ジ・アリーナ(ライヴ)
12.クライ・フォー・ザ・ネーションズ(ラジオ・エディット)

歴史に残る名盤中の名盤で影響力の強い1枚。

UFOで心身ともにボロボロになったマイケル・シェンカーが、脱退後に約2年間のブランクを経て、不死鳥のごとく復活した初の彼名義でのアルバム。


■スポーツ・アウトドア商品ランキング(楽天市場)




Tag:洋楽 Michael_Schenker_Group The_Michael_Schenker_Group ハードロック

【音楽:洋楽】 Ozzy Osbourne / BLIZZARD OF OZZ (1980年)

| 2010-08-29 | 11:00:51(Sun) |
[Admin] [NewEntry] [EditEntry]


Ozzy Osbourne / BLIZZARD OF OZZ (1980年)

今はなきランディー・ローズと活動を共にして発表された最初のアルバムです。
オジー・オズボーンは、ブラック・サバス時代には、「人を怖がらせる音楽を作る」ことをコンセプトとして活動してきたそうですが、事実、最初のアルバム「安息の日々」なんかは、ジャケットからして怖いですからねぇ。

で、時はあの’80年代。ランディ・ローズと共に創り上げたのは、非常にメロディアスで、様式美満載の、HR/HMなのでした。
もちろん、その完成度の高さは素晴らしくて、ランディ・ローズのギターも狂おしくて、「ミスタークローリー」なんか、レコード盤が擦り切れるんじゃないかと思うほど聴きましたからねぇ。

そのランディー・ローズも、残念なことに、飛行機事故で他界。
もし、今も活動していたらHR/HMにおけるギターの世界はど今と違っていたでしょうか?

ブリザード・オブ・オズ~血塗られた英雄伝説
・発売日: 2002年06月19日
・レーベル: (株)ソニー・ミュージックジャパンインターナショナル
・発売元: (株)ソニー・ミュージックディストリビューション
・ディスク枚数: 1枚(CD1枚)
・総曲数: 10(アルバム)
・収録時間: 43分52秒
・メーカー品番: SICP-8035
・JANコード: 4547366004625
曲目リスト
1.アイ・ドント・ノウ
2.クレイジー・トレイン
3.グッバイ・トゥ・ロマンス
4.ディー
5.スーサイド・ソリューション
6.ミスター・クロウリー <死の番人>
7.ノー・ボーン・ムービース
8.レヴェレイション <天の黙示> (マザー・アース)
9.スティール・アウェイ
10.ユー・ルッキン・アット・ミー・ルッキン・アット・ユー <ボーナス・トラック>
メタルの“帝王”オジーのデビュー作(80年発表)のリマスター再発盤。
夭折の天才ギタリスト、ランディ・ローズの没後20年という節目に、なんと、リズム・トラックを新たに録り直してのリフレッシュ作にもなっている。
生々しいサウンドは一聴の価値アリ!


■洋酒ランキング!!(楽天市場)




Tag:洋楽 Ozzy_Osbourne BLIZZARD_OF_OZZ ハードロック ヘヴィメタル

【音楽:洋楽】 RAVEN / Wiped Out (1982年)

| 2010-08-14 | 23:53:51(Sat) |
[Admin] [NewEntry] [EditEntry]


RAVEN / Wiped Out (1982年)

あいたたた・・・・・記事をアップしようとしたら、エラーが発生してほとんど白紙の記事をアップしてしまいました。
今ご覧頂いているのは、再び書き直してアップしています。疲れた・・・・

さて、このアルバムは、高校時代に友人と二人でシェアして買ったものです。
当時は、ヘヴィメタル・ムーヴメントが盛り上がっていた頃で、どんどん音の厚みが厚くなっていくのとは逆に、トリオ編成でシンプル、パワー、スピードの3要素を前面に押し出したとっても分りやすいバンドでした。

私と友人は、まだ、日本でそれほどメジャーになってなかったので、このアルバムを探し当てたことがちょっと自慢でしたね。

ちなみに、このアルバムのボーナストラックに入っている曲がミニアルバムとして発売されていて、それとこのアルバムを買ったのでした。

「FASTER THAN THE SPEED OF LIGHT」 「LIVE AT THE INFERNO!」 「CRASH BANG WALLOP」 がお薦めの曲です!!


【送料無料】[初回限定盤 ] Raven / Wiped Out 【SHM-CD】
HMV 楽天市場ストア


ジャンル :ロック
フォーマット :SHM-CD
レーベル :
   ユニバーサル インターナショナル
発売日 :2010年04月02日
商品番号 :UICY-93883
発売国 :日本
組み枚数 :1
価格 :2,800円 (税込) 送料込
品切れ

曲目リスト
1.ファスター・ザン・ザ・スピード・オブ・ライト
2.ブリング・ザ・ハマー・ダウン
3.ファイアー・パワー
4.リード・オール・アバウト・イット
5.トゥ・ザ・リミット|トゥ・ザ・トップ
6.バトル・ゾーン
7.ライヴ・アット・ジ・インフェルノ!
8.スター・ウォー
9.Uxb
10.20 / 21
11.ホールド・バック・ザ・ファイアー
12.チェインソウ
13.クラッシュ・バン・ワロップ (ボーナス・トラック)
14.ラン・ゼム・ダウン (ボーナス・トラック)
15.ロック・ハード (ボーナス・トラック)
16.20 / 21 (アウトテイク)

1975年、ジョン・ギャラガー(vo,b)とマーク・ギャラガー(g,vo)の兄弟を中心に結成。

初期はドラマーが流動的で、ツイン・ギターの時期もあったが、ロブ"ワッコ(WACKO)"ハンター(ds)が加入してラインナップが固まり、ニート・レコードと契約。

1981年にアルバム『ロック・アンティル・ユー・ドロップ』でデビューした。

2作目『ワイプド・アウト』は1982年当時としては最も速くラウドなアルバムであったともいわれ(「速過ぎる」という批判すら一部にあった程であった)、スラッシュメタルの原点とも称される名盤である。









Tag:洋楽 RAVEN Wiped_Out ハードロック ヘヴィーメタル
アクセスカウンター
累計: 検索エンジン登録はUNFINISHED
本日: SEO対策はUNFINISHED
昨日: メール配信はUNFINISHED

アクセスアップはUNFINISHED
楽天市場


最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
SoundTracking
検索フォーム
twitter


RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR