FC2ブログ

プロジェクト

フリーエリア

【追悼】【音楽:洋楽】 Gary Moore / Back On The Streets (1978年)

| 2011-02-08 | 01:04:46(Tue) |
[Admin] [NewEntry] [EditEntry]


Gary Moore / Back On The Streets (1978年)

昨年5月にロニーを見送ったばかりだというのに、今度は、私のギターヒーロー”ゲイリー・ムーア”が黄泉の国へと旅立ったのであります。

スペインの高級ホテルで休暇中、現地時間2月6日(日)の朝、死亡していたのを発見されたとのことでうす。
(2/7現在、死亡原因調査中)
訃報は検索していただければすぐ見つかることでしょう。


バック・オン・ザ・ストリーツ/ゲイリー・ムーア
Gary Moore - Back On The Streets
バック・オン・ザ・ストリーツ
/ゲイリー・ムーア

バック・オン・ザ・ストリーツ
ゲイリー・ムーア
ユニバーサルミュージック(株)
JAN:4988067004437

MVCM-21033
1991年12月16日発売
2,039円(税込)
送料無料

曲目リスト
1.バック・オン・ザ・ストリーツ
2.ドント・ビリーヴ・ア・ワード
3.狂言的なファシスト
4.スノー・ムースの飛行
5.ハリケーン
6.ドナの歌
7.皮肉な奴になりたいのか
8.パリの散歩道


さて、私がゲイリー・ムーアの楽曲と出会ったのは、78年発表のアルバム「バック・オン・ザ・ストリート」。
アイルランド生まれのゲイリー・ムーアが25歳という脂の乗り切った時期に製作されたソロアルバムなのです。

当時、このアルバムを聴いた私は本当にしびれましたね。
一曲目の「バック・オン・ザ・ストリート」のスリリングなハードロックにはじまって、ブルージーな「ドント・ビリーブ・ア・ワード」 、パッキッシュな「狂信的なファシスト」、速弾きギターをフューチャーしたフュージョン「スノー・ムースの飛行」「ハリケーン」、メロウな「ドナの歌」、ギター・フュージョン「皮肉な奴になりたいのか」を挟んで、最後はフィルりノットとの共作「パリの散歩道」・・・・・・・・

どの曲も、外すことの出来ない、そして、どの曲も後のゲイリー・ムーアの布石として繋がって行く楽曲が並んでいてゲイリー・ムーア最高のソロアルバム、そして最高のギターアルバムがこの「バック・オン・ザ・ストリート」なのです。

高校の頃、このアルバムを擦り切れるまで(当時はレコードだったので)聴きまくりました。
ホントに、擦り切れてノイジーになってしまったので、後でCDを買い直したくらいです。

彼の音楽人生の後半は、ブルースへの傾倒、そして、デジタルとの融合など発展を見せましたが、ハードロック志向の頃のような速弾きは抑えていましたね。

何にしても、これでまた、私の青春を彩ってくれたアーティストが一人逝ってしまいました。
心からご冥福をお祈りいたします。

スポンサーサイト






Tag:洋楽 Gary_Moore Back_On_The_Streets ハードロック ブルース フュージョン バラード

【音楽:洋楽】 Lee Ritenour / Forever Young

| 2011-02-05 | 22:01:24(Sat) |
[Admin] [NewEntry] [EditEntry]


Lee Ritenour / Forever Young "RIT" (1981)

フュージョンギタリストとして、ラリー・カールトンとともに名が挙がるのが、リー・リトナーでしたね。
で、少し前にスパイロジャイラをご紹介したように、一時期フュージョンとかスムーズジャズとか、そのあたりが無性に聴きたくなってレンタルやネットラジオなんかで探して垂れ流し的に聴いてました。

で、このリー・リトナーでございますが、このアルバムでは10曲中6曲がボーカル入りなんですね。
なので、フュージョンとかスムーズジャズっていうより、AOR的な80年代のあの独特のお洒落感の漂うアルバムという感じです。

これはこれで、ユルーくティータイムを過ごすBGMとしてグッドですが、フュージョンギタリストとしては、もうちょっとギターが前に出てほしいなぁ・・・

【送料無料】Forever YOUNG::RIT
【送料無料】Forever YOUNG::RIT

【送料無料】Forever YOUNG::RIT
価格:1,800円(税込、送料別)

Forever YOUNG::RIT 
リー・リトナー/ハーヴィー・メイソン

(株)ワーナーミュージック・ジャパン
JAN:4943674077793
WPCR-75368
2008年03月19日発売
1,800円(税込)



Tag:洋楽 Lee_Ritenour Forever_Young フュージョン スムーズジャズ

【音楽:洋楽】 Spyro Gyra / Dreams beyond control (1993)

| 2011-01-12 | 23:07:51(Wed) |
[Admin] [NewEntry] [EditEntry]


Spyro Gyra / Dreams beyond control (1993)

フュージョンというか、今ではスムーズジャズと言うのでしょうか?
確か、結婚当初にカミさんのCDコレクションから聴いてみて、とても気に入って今でも時々聴いています。

非常に口当たりよくて、メロディーも綺麗ですね。
フュージョンとか、ジャズという言葉を聴くとちょっと高尚な感じがしないでもないですが、聴きやすくてどちらかと言うと、万人向けなポップさも持ち合わせています。

1975年のデビュー以来31枚のアルバムが発表されていて、こういったフュージョン/スムーズジャズ系のバンドとしてはとても成功した部類なのだそうです。


Spyro Gyra / Dreams beyond control
sg-dreamsbeyond[1] 

1993年リリース

楽天では、このアルバムは販売されていなかったので、SpyroGyraの検索結果を掲載しておきます。←これ文章をクリック!

 

ところで、スムーズジャズって単語は私自身はごく最近知った言葉なんですが、1990年代から一つのジャンルとしてあったんですかね?




今一番売れているものをチェック!!


Tag:洋楽 Spyro_Gyra Dreams_beyond_control フュージョン スムーズジャズ

【音楽:洋楽】 MVP / Truth In Shredding (1991年)

| 2009-09-26 | 01:05:17(Sat) |
[Admin] [NewEntry] [EditEntry]


MVP / Truth In Shredding (1991年)

先日アル・ディ・メオラのスプレンディド・ホテルの紹介をしたときに、コメント欄で伏字になってた人が関わっていたアルバムです。

その人の名は、アラン・ホールズワース(Allan Holdsworth)。
本当は、このアルバムはフランク・ギャンバレという人を中心としたセッションアルバムのようなもので、このアルバムではアラン・ホールズワースとの競演になっています。
(ジョー・サトリアーニのG3みたいなもの・・・・かな?)
s11-mvp.jpg
【Aポイント+メール便送料無料】 MVP ( MARK VARNEY PROJECT ) / TRUTH IN SHREDDING (輸入盤CD)

フュージョン、ジャズ界の音楽は好きですが、あまり知識も深くないので多くを語ることは出来ませんが、二人とも技巧派のギタリストで特にアラン・ホールズワースは、非常に独特の音運びで有名な人ですね。

このアルバムでは、フュージョン、ジャズのスタンダードな楽曲を、フランク・ギャンバレとアラン・ホールズワースのギターバトルで奏でられるというすばらしいアルバムで、まさに息を飲むバトルが展開されています。
生ぬるいフュージョンは聴き飽きたと言う人におすすめです。

曲目リスト
 1.Rocks
 2.Humpty Dumpty
 3.The Fall
 4.Not Ethiopia
 5.New Boots
 6.Ana Maria
 7.Bathsheba



■ギター・フュージョンなアルバム(楽天市場)

《送料無料》(オムニバス) ビバ!カルロス~哀愁のギター・トリビュート(CD)  

オムニバス/「ロイヤル・ダン」スティーリー・ダン・トリビュート~イン・フュージョ  

カミング・トゥ・ユア・センシーズ  

【Aポイント+メール便送料無料】アラン・ホールズワース Allan Holdsworth / ベスト:アゲイン...  


■今、一番うまいものはこれ!!(楽天市場)




Tag:洋楽 MVP Truth_In_Shredding フュージョン

【音楽:洋楽】 Al Di Meola / Splendido Hotel (1980年)

| 2009-09-15 | 00:55:20(Tue) |
[Admin] [NewEntry] [EditEntry]


Al Di Meola / Splendido Hotel (1980年)

ギター・インストゥルメタル・アーティストとして忘れてならないのが、アル・ディ・メオラ。
中学生の頃に、友達の勧めでデビューアルバムLand of the Midnight Sun (1976年)を聴いたのがはじまりです。
いわゆる、フュージョン系ギタリストとして、多彩なギターテクニックと、ジャズ、ラテン、タンゴ、フラメンコなどさまざまなジャンルとの融合を模索している人です。

このアルバムは、1980年発表の通算4枚目のアルバム。
アコースティックギターとエレキギターを使い分けて、さまざまなスタイルの楽曲を聞かせてくれてます。

【CD】スプレンディド・ホテル/アル・ディメオラ アル・デイメオラ

一曲目の出だしは、一瞬イギリスのプログレバンドU.K.を思い起こさせるイントロですが、その後はラテンの雰囲気漂うディ・メオラ節を聴かせてくれます。
私のお気に入りの曲は、3曲目「Roller Jubilee」。
誰もが、何かで一度は聴いたことのある曲だと思います。
マリンバの軽快なリズムで始まって、アコースティックギターが軽やかにメロディーを紡いでいきます。
ローカルな話をすると、私の高校時代に、CBCラジオで水谷ミミの「今夜もシャララ」のテーマ曲となっていました。
(ここ見てる人で知ってる人は居ないだろうなぁ・・・・・)

もう一曲、お気に入りは5曲目の「Al Di's Dream Theme」。
彼の夢のテーマソング?夢にこの曲が流れたのでしょうか?(笑)
こちらは、ちょっとハードなエレキギターで奏でるサウンドでスリリングな早弾きが魅力です。

じっくり聴くもよし、BGMとして聞き流すもよし、お店の環境音楽として流すもよしのアル・ディ・メオラです。

収録曲
1.エイリアン・チェイス
2.サイレント・ストーリー
3.ローラー・ジュビリー
4.トゥー・トゥ・タンゴ
5.アル・ディス・ドリーム・テーマ
6.神々のディナー・ミュージック
7.スプレンディド・サンダンス
8.アイ・キャン・テル
9.スパニッシュ・アイズ
10.イスファハン
11.ブランカの子守歌


■アル・ディ・メオラのCD&DVD(楽天市場)

【CD】エレガント・ジプシー/アル・ディメオラ アル・デイメオラ  

フライデイ・ナイト・イン・サンフランシス  

[枚数限定][限定盤]ツアー・デ・フォース・ライヴ/アル・ディ・メオラ[Blu-specCD]  

送料無料!!【DVD】スピーク・ア・ボルケーノ~リターン・トゥ・エレクトリックギター/アル・デ...  


■おしゃれな家電で楽しいライフ(楽天市場)




Tag:音楽 洋楽 Al_Di_Meola フュージョン Fusion
アクセスカウンター
累計: 検索エンジン登録はUNFINISHED
本日: SEO対策はUNFINISHED
昨日: メール配信はUNFINISHED

アクセスアップはUNFINISHED
楽天市場


最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
SoundTracking
検索フォーム
twitter


RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR