FC2ブログ

プロジェクト

フリーエリア

【音楽:邦楽】 飛鳥涼(ASKA) / SCENE (1988年)

| 2010-03-20 | 01:22:49(Sat) |
[Admin] [NewEntry] [EditEntry]


飛鳥涼 / SCENE (1988年)

最近、このブログへの投稿モチベーションが若干低下しつつあります。
いろいろ、やることが多すぎて手が回らないというのもひとつの要因です。
なので、比較的書きやすい、CDコレクションネタに逃避することにします。(笑)

さて、今日ご紹介するのは、飛鳥涼(現在はASKA)のSCENE。
1988年にリリースされたバラードを中心としたソロアルバムで、他のアーティストに提供した曲のセルフカバーや、過去のアルバムからの選曲など、ベストアルバムになっています。


 【中古CD】SCENE/飛鳥涼

独特の粘りのある歌い方がバラードにはぴったりで、ゆったりとしたヒーリング効果のある楽曲とやさしさにあふれた歌詞がとてもいいアルバムです。

なかでも、私のお気に入りは、「蘇州夜曲」と「予感」。
「蘇州夜曲」は、彼が子供の頃から好きだった曲だそうで、「上を向いて歩こう」と迷った末の選曲だったようですが、アルバム全体のイメージからすると正解でした。
「予感」は、中森明菜に提供した曲。
きょっと、悲しめの歌詞ですが、ASKAも中森明菜もどちらの歌声も、イメージに大きな違いはないように感じます。


曲目リスト
1.伝わりますか
2.蘇州夜曲
3.予感
4.MY Mr.LONELY HEART
5.夢はるか
6.SCENE
7.ふたり
8.今でも
9.最後の場面
10.MIDNIGHT 2 CALL



■あまーいバラードには、あまーいスイーツが・・・・(楽天市場)

スポンサーサイト






Tag:音楽 邦楽 ASKA

【音楽:邦楽】 ASKA / SCENE II (1991)

| 2009-07-14 | 00:39:21(Tue) |
[Admin] [NewEntry] [EditEntry]


ASKA / SCENE II (1991)


《送料無料》ASKA/SCENE II(CD)
ぐるぐる王国 楽天市場店

チャゲ&飛鳥がデビューしたのは1979年。
私が、中学三年の頃でした。
大石五郎のコッキーポップで「ひとり咲き」を聴いたときは、いい曲だなァと思ったもんでした。

時は流れて、12年。
円熟の境地に達した飛鳥涼の粘っこい歌声をいかんなく発揮したのが、一連のソロアルバムです。
「はじまりはいつも雨」がヒットしてこの曲が聴きたくてこのCD「SCENE II」を入手。
それ以外の曲は、あまり聴いてなかったので、この原稿を書きながら聴いています。
3曲目の「Love is alive」は、岩崎ひろみとのデュエットだったんですね・・・・今知った。(^^;

じっくり聴かせるいい曲ばかりなので、皆さんも一度聴いてみて下さいね。

曲目リスト
#1 はじまりはいつも雨
#2 けれど空は青~close friend~
#3 Love is alive
#4 DAYS OF DREAM
#5 恋
#6 都会の空
#7 風の住む町
#8 PLEASE
#9 君が愛を語れ
#10 止まった時計

■SCENE IIのアルバムはないけど、視聴は↓で「ASKA」で検索(MUSICO)


■レコードジャケットに額縁つけてお部屋に飾ろう!(楽天市場)
レコードジャケット用額縁の店

■ASKAソロアルバムとか、チャゲ&飛鳥とか・・・・↓(amazon)




Tag:音楽 邦楽 ASKA
アクセスカウンター
累計: 検索エンジン登録はUNFINISHED
本日: SEO対策はUNFINISHED
昨日: メール配信はUNFINISHED

アクセスアップはUNFINISHED
楽天市場


最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
SoundTracking
検索フォーム
twitter


RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR