プロジェクト

フリーエリア

イヤホン壊れる!

| 2016-08-28 | 07:54:24(Sun) |
[Admin] [NewEntry] [EditEntry]


イヤイヤ、イヤホン壊れました。
サイドポーチに入れてたんですけど、座った時にお尻で踏んでしまって…
こんなふうに…


まあ、幸いにもハウジングの接着部が、剥がれただけのようで、断線もありませんでした。
というわけで、修理。
接着部を固定して、硬化完了するまで放置中です。


















【楽天市場】





今一番売れているものをチェック!!
■↓↓最新の音源の発売情報はこちらから↓↓ 
  洋楽検索 邦楽検索エレクトリック・ギター検索
スポンサーサイト



Tag:

Blitz BLP-450 GL(レスポールタイプ・ゴールドトップ) by AriaPro II

| 2013-11-23 | 22:02:21(Sat) |
[Admin] [NewEntry] [EditEntry]


久しぶりに、中古ではなくて新品のギターを買いました。
と言っても、そんなにお高いギターではありません。
例によって、激安ギターです。

お値段14,800円(送料込み)
下の方にリンクを貼ったネットショップでの購入です。
・・・しかも、すべてポイントで買ったので実質現金払ってません。
(もちろん、ポイント貯めるためのいろんな努力はしましたよ。)

2013-11-19-1.jpg

さて、今回なぜこのブリッツのギターを買ったかといいますと、もともと、レスポールをほしいと思ったのは、ゲイリー・ムーアと、デイブ・メニケッティがカッコ良かったからです。(笑)
とくに、ゲイリー・ムーアのゴールドトップを演奏する姿がず~っと頭に残っていて、レスポールならゴールドトップがいいと思っていたからです。

 2013-11-19-3.jpg

で、以前に【楽器】Maison LP-38を買ってしまいました。で紹介したように、黒のカスタムタイプを購入しました。
私的には、それなりに掘り出し物だと思っていましたが、なにせ黒はあまり好きじゃなかったので、いろいろと、中古ショップを巡って、K-Garage KLP-320 (チェリーサンバースト)レスポールタイプに買い替えたのでした。
本当は、チェリーサンバーストもあまり好きな色ではないのですが、黒よりはマシだったので。

で、このK-Garage KLP-320も、音以外はそれなりに良かったのですが、やっぱり、ゴールドトップが欲しい・・・
ということで、県内のハードオフなどをかなり廻ったのですが、ゴールドトップ自体になかなか出会いませんでした。

そうこうしていうちに、ネットショップのポイントが貯まって、
「あれ?ポイントで買えば実質タダみたいなもんじゃね?」
ってことで、ポチッとした次第であります。

到着して、弦高、オクターブ調整、チューニングをしました。
ただ、弦高だけははじめからかなり低めになっていて、とりあえず、これで、チューニングを行いました。
低めの弦高でもビビリとかないので、しばらくこのまま行きます。

2013-11-20-2.jpg

というわけで、こちらが(↓)が私が購入したネットショップです。
私が知りうる限りでは、最安値です。
   



Tag:

【コミックス】最後のレストラン 藤栄道彦 新潮社 バンチコミックス

| 2013-04-14 | 14:20:41(Sun) |
[Admin] [NewEntry] [EditEntry]


最後のレストラン
藤栄道彦
新潮社 バンチコミックス


最近コレ読んでます。

歴史的偉人がタイムスリップして登場して、その偉人の食べたいものを作って食べさせるという内容ですが、なかなか面白いです。

【送料無料】最後のレストラン 1 [ 藤栄道彦 ]

【送料無料】最後のレストラン 1 [ 藤栄道彦 ]
価格:580円(税込、送料込)



【楽天市場】

今一番売れているものをチェック!!
■↓↓最新の音源の発売情報はこちらから↓↓ 
  洋楽検索 邦楽検索エレクトリック・ギター検索




Tag:

| 2013-04-13 | 23:13:11(Sat) |
[Admin] [NewEntry] [EditEntry]


BlueGriffon を使ってみた・・・・

いつも使っているWindows Live Writerの調子が悪くて非常に使いづらくなったので、とりあえず、BlueGriffonというエディターを使うことにしてみまし た。

※以前のWindows Live Writerの記事はこちら


もともと、Windows Live Writerを使っていた理由は、単なるエディターとしてだけではなく、
・書いたらそのまま自分のブログでの見え方そのままでチェックできて、
・画像もPC内から選ぶだけでアップロードを自動的にしてくれて、
・ボタンひとつで投稿できてしまう。
という非常に物臭な私にとってはありがたいソフトウェアなんですが・・・・


さて、このBlueGriffonと いうのは、WYSIWYGエディタというのでしょうか?
いわゆる、ブログの記事作成ページの高機能エディタと言われてるやつみたいな感じです。
「じゃあそれ使えばいいじゃん」
と言われそうですが、その場合まだアップロードしちゃいけないのに間違えてアップしちゃったり、突然書いてたものが失われてしまったりといろいろなトラブ ルがあったため、こうやってローカルで作ってからアップするようになったのです・・・


あれ?横道にそれました。


というわけで、BlueGriffonですが本当に詳しい使い方は「BlueGriffon の使い方」を見ていただいたほうが良いでしょうね。(^_^;)


編集画面はこんなかんじです。

んで、ソース画面はこんな感じ。

20130413223233.jpg

大体お分かりかと思いますが、上の方に並んでるボタンで、 tableや画像やリンク等々の編集ができます。
20130413223234.jpg

唯一めんどくさいのが、画像を別でアップロードすることかな?

文字装飾とか凝りたい人は「KompoZer」の方がよさそうで す。
・・・・が、日本語にできなかったのでこちらを使ってます。笑

あ、そうそう、このソフトはそもそもブログの一つの記事を作るため のものではなくて、webページをひとつ作るためのものなので、出来上がったソースの必要部分を切り出して、ブログの新規投稿画面のソース編集画面へ貼り付け て完成となります。

【楽 天市場】

今一番売れているものをチェック!!
■↓↓ 最新の音源の発売情報はこちらから↓↓ 
  洋楽検索 邦楽検索エレクトリック・ギター検索




Tag:

【ソフトウェア】TMPGEnc MPEG Editor 3 のバッチエンコードツール

| 2011-06-29 | 00:54:07(Wed) |
[Admin] [NewEntry] [EditEntry]


PEGASYS
TMPGEnc MPEG Editor 3


このソフト自体は、目新しいソフトではないのですが、今回は、これにまつわる不具合(製品の不具合ではない?)でとっても苦労したので、そのあたりを自分のための記録も含めて記しておきたいと思います。

 

TME-2 左は、TMPGEnc MPEG Editor 3 の起動後の画面です。

このソフトは、キャプチャーソフトや、ホームビデオなどで録画した動画の不要な部分をカットしたり、動画同士をつないだりするのに、非常に高速で使い勝手よく行えるソフトです。

で、このソフト自体はちゃんと起動するし、問題なく動作していたのですが、ある問題が発生してとても便利な機能が使えなくなってしまったのでした。

今日は、その内容のご紹介です。
TME-1 左の画像は、TMPGEnc MPEG Editor 3で編集した複数本の動画をまとめてバッチ処理してくれる、バッチエンコードツールです。

このツールを使えば、編集した動画をいっぺんに書き出せるので夜中などの時間に自動的に処理してくれて、とても便利なツールなのです。

ところが、これが起動できなくなってしまったのです。

バッチエンコードツールを起動しようとすると、
「このファイル形式は使用できません」
のエラーダイアログが出て、OKボタンを押すとバッチエンコードツーが立ち上がるが、プロジェクトを登録しても動作しなくなってしまったのです。

どうやら、バッチエンコードツールが起動する際に、何かを読み込んでいるのですが、何を読み込んでいるのか、このときはわかりませんでした。


そこで、本ソフトを何度かアンインストール後、再インストールしましたが、症状は変わらず。。。

んで、やむなくシステムの復元で使用できていたと思われる日まで戻りましたが、今度は本ソフト自体が起動できず、

「問題が発生したため、TMPGEnc MPEG Editer 3を終了します」

のダイアログが出て、全く使用できなくなったのでした。

 

実は私は、つい最近まで、このMPEG EDITERの初代バージョンをずーっと使い続けていて、Ver.3はつい最近買ったばかりなのでした。

「おいおいおい、買ったばかりなのにどうすんだよ~!!」

というわけで、とりあえず、サポートにメール。

 

でも、そんなにすぐ答えが帰ってくるわけでもないと思われるので、色々と考えてみることに・・・・。

 

とりあえず、やってみたのが「WindowsUpdate」

私自身はよくわからないのですが、最近、WindowsUpdateしろよ!ってポップアップがあったのですが、うまく出来ていないような感じだったのでここから手をつけようかと。

 

で、「高速」の所に.NET Framework 3.5の更新があってので適用しました。

そもそも、.NET Frameworkって一体何者なのかよくわかっていないのですが、アプリケーションソフトを動作させるには必要なものらしいのです。

で、ついでに、「カスタム」の方も見てみると、.NET Framework 2もいくつかあったのでこれも適用。(念のため)

 

そして、TMPGEnc MPEG EDITER 3を起動してみると、なんと見事に起動するではありませんか!!

とりあえず、やってみたWindowsUpdateがドンピシャだったわけです。

 

ちなみに、この時同時にブログエディタとして使っているWindows Live Writerも起動できなくなっていたのですが、.NET Framework 3.5のインストールでちゃんと起動できるようになりました。

 

.NET Framework 3.5恐るべし・・・・

 

つうわけで、メデタシメデタシと思ったのもつかの間。

アプリケーションは、起動するようになったのですが、バッチエンコードツールの起動の際にエラーダイアログがでて、結局使えないのは変わらずに、もとに戻っただけだったのです。

 

で、そのエラーメッセージ

「このファイル形式は使用できません」
なんですが、一体何を読み込んでいるのか?

ググったりしながら考えてみるに、次のことに思い当たったわけです。

 

このバッチエンコードツールは、バッチエンコードを開始するか、閉じる際に、バッチエンコードリストをその進捗状況も含めて自動保存しています。

なので、次に起動するときは、そのバッチエンコードリストを自動読み込みしているのです。

「ということは、そのバッチエンコードリストが壊れている!?」

・・・・・と。

 

ところが、そのバッチエンコードリストがどこに保存されているのかわからない。

ファイル名や拡張子もわからない・・・・ので、

 

TME-3 バッチエンコードツールが起動した後、「オプション」を開いてみると・・・・・ありました。

「バッチリスト状態を自動的に読み込み/保存する」

の項目が。

この項目のチェックを外して、一旦バッチエンコードツールを起動し、その状態でもう一度チェックを入れて保存すれば、正常なファイルが上書きされて正常な状態に戻るのではないか!!!と!!!

 

早速試してみると、

ビンゴ!!
全く問題なく元の状態に戻ったのでした!!

分かってみれば超簡単なことでしたが、不具合発生から元の状態に戻るのに、4日程費やしてしまいました・・・

で、そのさらに4日後の今日、アプリケーションの発売元ペガシスからサポートメールの返信がありました。

その内容は、今回私がやったことそのままが書いてありました。

(.NET Framework 3.5のインストールとバッチリストファイルの破損のことです)

 

そんなわけで、事無きを得たのですが、先日はTV録画用のNECスマートビジョンのEPGローダが起動しなくなって、こちらも再インストールしたばかり。

うーん、私のパソコンそろそろ新調したほうが良いのでしょうか?




Tag:
アクセスカウンター
累計: 検索エンジン登録はUNFINISHED
本日: SEO対策はUNFINISHED
昨日: メール配信はUNFINISHED

アクセスアップはUNFINISHED
楽天市場


最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
SoundTracking
検索フォーム
twitter
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR