FC2ブログ

プロジェクト

フリーエリア

【イヤホン用リケーブル】FiiO RC-BT

| 2019-03-30 | 21:27:00(Sat) |
[Admin] [NewEntry] [EditEntry]


【イヤホン用リケーブル】FiiO RC-BT

先日、突然名古屋の大須に行くことになったので、それじゃあついでに「eイヤホン名古屋大須店」へ寄っていこうということに。

で、良いヘッドホン、良いイヤホン、良い環境は常に欲しいわけだが、ここ最近で非常に気になっていたのは、Bluetooth環境。
なので、店舗で価格と性能を見比べながら、結局一番リーズナブルな価格の


を買ってきた。
IMG_0543.jpg

FiiOというメーカは、中国の音響機器(ヘッドホンアンプ、デジタルオーディオプレイヤー)を扱っている。
比較的安価な製品を送り出していて、あまりお金をかけられないが、試してみたいというときには良いのではないかと思う。

で、このBluetooth接続で使用するケーブルのスペックを紹介。

品名:RC-BT
Bluetooth:4.1対応
対応コーデック:SBC、AAC、aptx
出力:≧15mW(32Ω負荷)
イヤホンコネクタ:MMCX端子(新形状)
バッテリー容量:120mAh
充電時間:2時間
連続再生時間:約10時間
充電端子:Micro USB

とりあえず、購入の決め手となったのが、
連続再生時間が長いこと、AACコーデック対応であること、価格が安いこと、MMCX端子であること。
お手頃なのがあったら買おうと思って店頭でみていたらこれがあったので購入。
----------------------------------------------

-----------------------------------------------

というわけで、早速使ってみる。
↓中身はこれだけのものが入っていた。
IMG_0544.jpg

今回このケーブルを使うのは、ShureのSE215。
トリプルフリンジのイヤーピースがついているが、耳から外れにくくなるかと思って、半年くらい試しに使っている。
ちなみに、高音がかなり吸われてしまうので工夫が必要と思われる。
IMG_0542.jpg

まずは、今まで使っていた標準ケーブルから取り外す。
youtubeとかで見ると取り外し方とかある。
IMG_0545.jpg

で、RC-BTを取り付け。
取り付ける際に感じたこと。
・差し込んでもパチンと入った感じがしない。グノっていう感じ。
・ケーブルとハウジングはクルクル回らない。
IMG_0546.jpg

まずは、取り付けた状態。
このあと、ペアリングする。
IMG_0547.jpg

私は、iPhoneを使って聴いている。
RC-BTの電源を入れると、下のように「その他のデバイス」のところに出てくる。
こいつをタップして選択すると・・・
IMG_5661.png

「自分のデバイス」の欄に入って再生可能な状態となる。
ちなみに、たくさん並んでいる他のものは、ヘッドホンであったり、カーオーディオであったり、いろいろある。

IMG_5662.png

ということで、取り付け終わって聴いてみたら・・・・・
ドスドス、モコモコ・・・・
これはだめだ・・・・
トリプルフリンジのイヤーピースは、高音吸われるのはわかっていた。
なので、一旦SE215純正のシリコーン製イヤーパッドを装着。
まあ、良くなったがやっぱり低音がかなり強調されている感がある。

あとは、一通り試してみたが機能性はOK.
あとは、聴かないときの持ち運び易さ。
添付のポーチにイヤホン付きで収納可能。
IMG_0548.jpg

コンパクトに収納できた。
しばらく使ってみる。
IMG_0549.jpg
スポンサーサイト






Tag:

【ヘッドホン】SONY MDR-CD900ST 購入

| 2019-03-03 | 23:37:00(Sun) |
[Admin] [NewEntry] [EditEntry]


【ヘッドホン】SONY MDR-CD900ST 購入

なんと、1989年の登場以来、プロ用のスタジオ録音の際に使用するモニターヘッドホンとして活躍している、SONYのMDR-CD900STを買ってしまった。
このヘッドホンは、アーティストのスタジオでのレコーディング風景などでよく登場していたし、登場してから30年たった今でも、現役で・・・・というか、このヘッドホンから変えることができないのだそうである。

IMG_0503.jpg

そんなすごいヘッドホンなど、自分には関係ない(使いこなせない、手が出せない)的に思っていたのだが、突然手に入ってしまったのである。

じつは、土曜日。
所要でとあるスーパーに行ったとき、そこに入っていた楽器やでウィンドウショッピングをしていた際、ふと目についた宅録用のモニターヘッドホンのおすすめコーナーに目が行った。
今、宅録で使っているヘッドホンはリスニング用で、若干低音を持ち上げたチューニングがされているので、最後のミキシングのときはそのあたりに気をつけてやっていた。
でも、安いなら買っとくかと・・・・・。
そこでは、audio-technicaのM20x~M50xが紹介されていたのだが、一番安いM20xが売り切れになっていた。安いので良いんだけどな。


さて、どうするか・・・・と思い、とりあえず、いつもの行きつけの楽器や「ハードオフ」へ。

M20xなどは無かったのだが、無造作に置かれたMDR-CD900STが・・・・

IMG_0502.jpg

ネットでは、標準的な価格が15000円前後、今回は約9000円で発見。


中古なのでどんな不具合があるかも不明だが、とりあえず、買ってしまった。

梱包というか、ビニールを取ってみた状態。
ケーブル長ッ!

IMG_0504.jpg

各部を見ていく。
一番気になるは、イヤーパッド。
当然使用感はあるが、結構まとも。

IMG_0505.jpg

頭の部分も、破れなどもなく問題なし。

IMG_0506.jpg

ケーブルも損傷部位は見当たらない。

IMG_0510.jpg

唯一、「Studio Monitor」の文字がかなり薄れているのが残念な感じ。

IMG_0507.jpg

で、標準ジャックなので普段使っているオーディオ・インターフェース「TASCAM US-200」に差し込んで早速PC内に入っている曲を聴いてみた。

IMG_0509.jpg

イヤー、すごいですなぁ~。
もう、月並みな表現だけど楽器やボーカルが見えるというか、そこにいるような感覚で聴こえる。
もちろん、フラットな特性のようなので、いつものドンシャリ型のヘッドホンのような低音の強調は感じられないが、やっぱりこのヘッドホンはすごい。

だって、これが16000円位で作れちゃってるんだもの。
40000万円とかするヘッドホンってぼったくりか!!と思ってしまう。

つうことで、宅録のときのモニターはこいつでやっていく。




Tag:
アクセスカウンター
累計: 検索エンジン登録はUNFINISHED
本日: SEO対策はUNFINISHED
昨日: メール配信はUNFINISHED

アクセスアップはUNFINISHED
楽天市場


最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
SoundTracking
検索フォーム
twitter


RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR