FC2ブログ

プロジェクト

フリーエリア

【DIY】DTMデスクを自作してみた(エフェクタースライダーの自作)

| 2019-07-28 | 14:58:00(Sun) |
[Admin] [NewEntry] [EditEntry]


【DIY】DTMデスクを自作してみた(エフェクタースライダーの自作)

今回はDIYで、書斎の机をDTMデスクに改造したお話。
↓これが出来上がりの画像。
IMG_0761.jpg

さて・・・・
普通、アマチュア・ギタリストの多くが使っているエフェクターボード/ケース。
私も、こいつにエフェクターを並べて使っていた。
使うときには、蓋を開いてボードとして使えるし、片付けるときには蓋を付けて収納。
と、非常に便利なグッズ。



だけど、宅録するとき、結局エフェクターを床に広げるため狭い書斎の床がとても煩雑に・・・・
そこで、思いついたのがキーボードスライダーの応用。
PC用のキーボードの代わりに、MIDIキーボードを乗っけているDTMerの人もたくさんいたので、乗っけるものをエフェクターにすれば良いんじゃね?と。



で、買おうと思って楽天で見てみたらあまりバリエーションがない。
それに、もともと、PCに用キーボードを乗っけるのに考えられているから、いまいち剛性なさそう。

で、いろいろググっていたら自作が出てきたのでやってみることに。

まずは、必要なものをホームセンタで購入。
一番の肝は↓のスライダー。

IMG_0755.jpg

スライドレールには、ベアリングタイプとローラータイプがあるらしいが、ベアリングタイプの方が後々いいらしい。(何が良いのかわからないが)

さて、このスライドレール。
本来の使い方は、キャビネットの壁と引き出しの側面に付けて使うものなので、それぞれに直接ビスなどでつければよいのだが、今回は少し状況が違う。

私の書斎のテーブルは、約40mm厚の天板にサイドキャビネットがついているだけの、作り付け。
なので、その天板にこいつを付けなければならない。

なので、L字の取付金具を使用。
↓の写真はスライドレールにL字金具を付けたのだが、使うネジの頭の高さを考えて買わないと引っかかってスライドしなくなってしまうので、注意が必要。

IMG_0756.jpg

第2の肝となる部材は、板。
今回は、エフェクター、オーディオ・インターフェイスなども含めて幅750mm、奥行き300mmを想定。
板の側面に、内側のレールをネジ止め。
15mm厚の板に、M4 15mmのタッピングビスを3本使用。

IMG_0757.jpg

んで、このあとは例によって写真を撮るのを忘れてしまった。
まず、L字金具付きの外側のレールをできるだけ真っ直ぐに取り付ける。
次に、一度板をはめてみて、反対側のレールの位置を確認しながら決める。
反対側の外側レールも取り付け。
最後に、板を取り付けておしまい。

IMG_0764.jpg

とりあえず、エフェクター置いてみた。グチャグチャだけど。

IMG_0758.jpg

スライダーを机下に収納してみた。
もちろん、この状態でも電源さえ入れてあれば、音が出せる。
IMG_0759.jpg

耐震用の滑り止めシリコンシートを使って、もう少し位置をきれいに整えてみた。
右のZoom MS-50Gが斜めっているのは、ギターのシールドコードとスライダーのL字金具が干渉するため。

IMG_0762.jpg

ということで、うちではPreSonusのStudio One 4 Primeを使って宅録している。
もし、外で演奏することがあったら、こいつらをケースに入れて持っていくことになる。
IMG_0760.jpg

ちなみに、エフェクターなどの電源は机下のテーブルタップに集約しているが、いまのところ、かなり煩雑になっているので、もう少し整理が必要。

IMG_07632.jpg


つうことで、これで宅録ライフは充実するのか?














スポンサーサイト






Tag:

【オーディオインターフェイス】Roland Rubix 22 購入

| 2019-07-28 | 14:04:00(Sun) |
[Admin] [NewEntry] [EditEntry]


【オーディオインターフェイス】Roland Rubix 22 購入

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ROLAND Rubix22 USB AUDIO INTERFACE オーディオインターフェイス
価格:17982円(税込、送料無料) (2019/7/28時点)


今まで、TASCAMのU-200など、近くの楽器屋”ハードオフ”でその時々の一番新しいものを購入して使ってきたが、特に、Mooer Radarを購入したことによって、ちょいとオーディオインターフェイスにも気を使ってみようということで、新し目のものを買ってきた。
それが、Roland Rubix 22。
オーディオ・インターフェイスを、新品で買ったのは初めて買ったEDIROL UA-3依頼だな。

IMG_0739.jpg

発売日は2017年7月。すでに発売から2年経っているが、今まで使っていたTASCAM US-200が2011年3月頃なので、約6年分の技術進歩が・・・笑

簡単に製品の特徴を。

  • 最大24bit/192kHz。2in/2outのUSBオーディオ・インターフェース
  • クリアな音質を実現する、徹底した低ノイズ設計と堅牢なメタル・ボディ
  • 低ノイズ、高音質設計のマイク・プリアンプを2機搭載
  • 安心の録音環境を提供する視認性の高いレベル・インジケーター
  • Ableton Live Liteのライセンスを付属
  • 音楽創作に最適、Windows環境ではASIOに、MacOS, iOSではCoreAudioに対応

とにかく、可能な限りギターサウンドをありのままにDAWに送りたいということで、24bit/192kHzbに期待。
あとは、回路品質による音の劣化とかがなければ・・・

IMG_0741.jpg

繰り返すが、2017年の製品なので製品レビュー的なことはしないが、一つだけあってほしかった機能が、PCからの出力と、ギターインプットの出力のバランスを調整する機能が欲しかった。
Rubix 24以上にはついているらしいが。

IMG_0742.jpg

ということで、サウンド的には気に入って使っている。
しばらくこれ使っていく。



Tag:

【キャビネットシミュレーター】Mooer Radar

| 2019-07-14 | 23:49:00(Sun) |
[Admin] [NewEntry] [EditEntry]


【キャビネットシミュレーター】Mooer Radar
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Mooer Radar スピーカーシミュレーター エフェクター
価格:14904円(税込、送料無料) (2019/7/14時点)



ものすごく、たくさんMooer製品の情報がYouTubeにアップされているが、これも気になっていたものの一つ。
この価格で、この機能はとても魅力的。しかしながら、なんか音が良いのか悪いのか動画ではよくわからなかったのでなかなかポチッと行けなかった・・・・

ところが、とある大型商業施設に入っている楽器店に、なんと置いてあるではないか!!
一応、念のために少しだけ試奏して、致命的な問題がないことを確認して即購入。
IMG_0722.jpg

micro preampシリーズと同じくらいの大きさの製品だが、12V電源が必要なためアダプター付きで発売。これは嬉しい。
↓同梱されていたものはこれだけ。USB接続してアップデートなどができるのだが、USBケーブルはなし。

IMG_0724.jpg

さて、早速電源を入れてみると、バージョンが1.1だと・・・・
ネット情報では、Ver.1.2が存在し、Ver.1.1ではレイテンシーが大きいとなどの記述が。
そこで、早速Mooer Stdio for Radarをダウンロードして、USBにつないでアップデートを試みた・・・・・・・・・

IMG_0725.jpg

が、しかし。。。。。。
iPhoneが中心の我が家では、micro USBのケーブルは機器の充電用しかなく、ケーブルを買ってこないとアップデートできないという問題が・・・・・
(最初は、なぜUpdateできないのかわからなかった)

で、ケーブルをコンビニで買ってきた。

radar2.jpg

めでたく、Ver.1.2にアップデート。

radar4.jpg

そして、Mooer Studio for Radarもうまく起動し、その恩恵も確認。
さらには、ネット上のフリーのIRをダウンロードして、その音色の違いなどを一通りやってみた。

radar3.jpg

いやあ~!!
これ、めっちゃ面白い!!
この小さな筐体に詰め込まれた、無限の可能性に結構長い時間没頭して遊んでしまった。

で、今の所お気に入りのキャビネットは、1960BV。
(下の写真は1960AGだが。。。)

IMG_0727.jpg


というわけで、micro preampとradarの組み合わせで結構良い環境ができあがった。



Tag:

【エフェクター】Mooer micro preamp 005 購入記

| 2019-07-06 | 22:54:37(Sat) |
[Admin] [NewEntry] [EditEntry]


【エフェクター】Mooer micro preamp 005 購入記

少し前に話題になったMooerのmicro preampシリーズの005 「Brown Sound 3」を購入した。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

MOOER / MICRO PREAMP 005 ムーアー プリアンプ
価格:9800円(税込、送料別) (2019/7/6時点)


Youtubeでの動画の音は、とても魅力的なものから、マジっすか的なものまで様々あったが、そのあたりは作り込みでなんとかなるのではないか・・・・と、思って購入。

今回、「005」を購入したが、実は「002」とどちらを購入するか迷っていた。
ネットショップでポチッとするまで迷っていたのだが、結局こちらに。

で、今日は外観の紹介のみ。

中身も小さいが、箱も小さい。
カミさんに黙って買って帰ってもバレにくい・・・笑
クリップボード01IMG_0699.jpg

中身は・・・フランケンストライプがない。
ネット上の画像などで予想はしていたが、大人の事情でストライプがなくなっている。
IMG_0702.jpg

で、使ってみた。
Cleanチャンネル。青!
IMG_0703.jpg

Driveチャンネル。赤!

IMG_0704.jpg

キャビネットシミュレーターをONにすると、どちらも点滅する。
しかしながら、こいつが、また、新しい出費を呼ぶことになるのであった。

音に関しては、ネット上に溢れているのだが、私なりのレビューを別途紹介予定。

今日は以上!




Tag:
アクセスカウンター
累計: 検索エンジン登録はUNFINISHED
本日: SEO対策はUNFINISHED
昨日: メール配信はUNFINISHED

アクセスアップはUNFINISHED
楽天市場


最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
SoundTracking
検索フォーム
twitter


RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR