FC2ブログ

プロジェクト

フリーエリア

【買ってみた】Audio-technica Bluetooth ヘッドホン [ATH-WS660bt BGD]

| 2018-03-03 | 15:27:00(Sat) |
[Admin] [NewEntry] [EditEntry]


Audio-technica Bluetooth ヘッドホン
 [ATH-WS660bt BGD]
※下の方に書いた音漏れに関して一部訂正ともう少し定量化した。
【前置き】
2016年12月にsony 「h.ear MDR-100A」を購入したのだが、コードが片側出しでストレートコネクタなので、冬場はコートの襟に当たってタッチノイズがひどいのと、あまりの低音強調味付けに疲れてきたので、ここらでちょっとワイヤレスヘッドホンを・・・・と思い、購入してみた。 

一応、いろいろと試聴して検討してみたところ、「SOLID BASS」と銘打っているもののバランスの取れた低音強調だと思ったのでこいつを選択。
結局、適度なドンシャリでロック、ポップス、フュージョンのようなメリハリのある曲をよく聴く私にとっては好みだと思った。
他にも、BOSEとかも聴いてみたけど、もう一つ好みではなかった。
詳細なスペックはこちら.

【パッケージ】
さて、パッケージ。
ご覧のように表は外観、裏はメカなどの説明になっている。
中には、本体、充電用USBケーブル(microUSB)、ワイヤード用ケーブル1.2m、取説など。
IMG_9664.jpgIMG_9665.jpgIMG_9666.jpg

【本体】
本体外観はこんな感じ。
私が選択した色は、ゴールド。赤と青もあったが、おもちゃっぽい感じだったのでゴールド。
Left側に電源スイッチ、ジョグスイッチ、充電用コネクタ、ワイヤード用コネクタがある。
 IMG_9667.jpg 
Left側のスイッチと簡単な機能紹介。
下の写真の左は電源スイッチ。電源を入れるとペアリングモードか接続モードのいずれかになる。
真ん中にあるのは、充電用microUSBコネクタ。充電中はBluetoothとして使えない。
右側はBluetooth接続しないときにワイヤード接続するためのコネクタ。電源をONにしなくても使える。

IMG_9668.jpg 
上の写真では隠れて見えなかった部分が下の写真。
ジョグダイヤルと呼ばれるコントローラ。
左右に動かすと、音量調整(短く押す)と曲飛ばし(長押しする)が出来る。
真ん中の突起を押すと一時停止、再生開始、電話を取る/切るなどが出来る。

IMG_9670.jpg

【携帯性】
折りたたみ方は2通り。
下の写真のように、イヤーパッドを水平にするのと、ヘッドバンドを折り曲げてよりコンパクトにするたたみ方。
ま、これは、最近のものであればよくあるかな。

クリップボード01IMG_9672.jpg 

【ペアリング】
いよいよペアリング。
。。。。とその前に、購入時にはある程度電池は充電されているけど、まずは、一旦満充電してから使おう。

ということで、ペアリング。
ヘッドホン本体の電源を入れると、白いランプが点滅する。
この状態がペアリングモード。
その状態で、スマホ(写真の場合はiPhone iOS11)
「ATH-WS660BT」という項目が現れるのでこれをタップすると接続完了。
実は、「ATH-WS660BT」という項目が現れるのに若干時間がかかるので待つ必要あり。
また、このヘッドホンは9台のペアリングを記憶できるが、接続状態にあると、ペアリングモードにならないので、新たに機器を接続する場合は、設定済みの機器の電源を切っておく必要がある。
もっとややこしいのがiPhone。iPhoneはスリープ状態になってもBluetoothの接続先が見つかると接続しに行くので、別の機器のペアリングを行う際はBluetooth自体を一旦切っておく必要がある。

クリップボード02

ちなみに、つながっている状態が下の写真。
(iPhone iOS11の場合)
画面の右上にヘッドホンマークが出て、縦型の電池マークもでる。
大雑把にだが、この縦型の電池マークでヘッドホン側の電池の減り具合が確認できる。
(結構便利だよ。)

IMG_96761.jpg

【装着感】
良い点:
  • ケーブルがない開放感が素敵!
  • 重量も軽いので長時間着用でも疲れなさそう。
  • メガネを掛けているのだが、ソフトなパッドのお陰でこれも痛くなりにくそう。
悪い点:
  • プラ部品の集合体のようなので、歩きながら聴いている時ヘッドホンに振動が加わったりすると、接続部のギシギシ音がしたりする。
  • 私に限ってかも知れないが、ヘッドバンドの長さが短い。目一杯伸ばしてやっとしっくり来る長さ。

【遮音性/音漏れ性】
  • 遮音性はあまりない。外部の音はよく聴こえる(無音時)。静かな曲などでは若干気になるのかもしれない。
  • 音漏れ性もおそらく気を使わなければならないレベルだと思う。いや逆に密閉型なのにこんなに?!という感じ、こちらの記事にあるが、「ハウジングにポートを設けてドライバーの背圧を制御する」ことをしているらしい。つまり、外に音が漏れやすい?
  • 【音漏れに関する記事訂正】2018/03/05
  • 音漏れにはこの曲を使用。「Cain's Offering」のアルバム「Gather The Faithful」の中の曲「Thorn in My Side」。いわゆるヘビメタバンドの元気の良い曲。CDからリッピングしてMP3Gainで92dB設定でトラックゲインモードで音量設定。ヘッドホン側はフルボリューム。iPhone側の音量を変化させて確認。確認方法は、23:00頃ほぼ無音の部屋で息子にヘッドホンをかぶせて確認。
  1. iPhone側音量50%:恋人接近してもかすかにしか聞こえないレベル。電車なら問題ないと思われる。
  2. iPhone側音量75%:50cmほど離れていて微かに聞こえるレベル。電車だと大丈夫かもしれないが、微妙なレベル。
  3. iPhone側音量100%:1m以上離れていても聞こえるレベル。流石に電車ではやばいと思われる。 

【サウンド】
いよいよ、これで音が出せる。
【音量】   
必要な音量は出るが、十分かというとそうではない。
私はiPhoneで音楽を再生するのでその場合に限るかもしれないが、その前提で記載する。

iPhone側とヘッドホン側の音量のコントロールは独立している。
つまり、iPhone側をフルボリュームにしても、ヘッドホン側のボリュームが50%ぐらいであれば、ヘッドホン側のボリュームを上げれば更に大きな音が出るということ。
で、聴いてみると、私にとって気持ちよく聴ける音量はiPhone側もヘッドホン側もほぼフルボリューム状態。
なので、ここから更にもうちょっとパワフルに聴きたいと思っても、これ以上大きな音が出せない。
しかしながら、フルボリューム状態では若干音のバランスにかける状態になっていて、80~90%くらいの状態にしないと良くない。

ワイヤード状態ではもう少しだけ音量は大きくなるが、大きくは変わらない。

【音質】
こればっかりは、自分で聴いてもらうしかないし、まだ30分も音出ししていない状態なので、これについては別記事で後述することにする。
関連記事
スポンサーサイト






Tag:

コメントの投稿

非公開コメント

アクセスカウンター
累計: 検索エンジン登録はUNFINISHED
本日: SEO対策はUNFINISHED
昨日: メール配信はUNFINISHED

アクセスアップはUNFINISHED
楽天市場


最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
SoundTracking
検索フォーム
twitter


RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR