FC2ブログ

プロジェクト

フリーエリア

チョパレボ☓KIYO*SEN LIVE in 名古屋Blue Note へ行ってきた

| 2019-04-23 | 23:57:02(Tue) |
[Admin] [NewEntry] [EditEntry]


チョパレボ☓KIYO*SEN LIVE in 名古屋Blue Note

今日は、名古屋Blue Noteへ行ってきた
IMG_0612.jpg

今回の目的は、The Choppers RevolutionとKIYO*SENの合体Live。
メンバーは2つのユニットに、矢堀孝一を追加した6人編成。

IMG_0603.jpg

Blue Noteは、今回はじめて行ったのだが、なかなか格式高いところだと感じた。
ここで、KIYO*SENとかありか?と思いつつ開演前の時間を過ごす。

メニューを見てみると、ドリンクや食事のメニューが。
安くはないだろうなとは思うものの、ちと高い。

IMG_0604.jpg

・・・が、しかし。
このライブのためのスペシャルドリンクがあると言われると、つい頼んでしまうのが悲しいところ。

IMG_0607.jpg

開演時間は18:30~。
せっかく、食事もあるのでということで、結局頼んでみた。
食べかけてから、思い出して写真を撮ったので、ブリトーが一つしかないが、実はもう一つは既に腹の中。

IMG_0611.jpg

そうこうするうちに、開演時間。

IMG_0609.jpg

set listは今回は半分わからず。

1.Chopper Revo Shopping Part2
2.Come On Over
3.大高清美作曲の曲(曲名聞き取れず)
4.Adventure
5.Ladies Talk
6.チョパレボの曲(曲名不明)
7.チョパレボの曲(曲名不明)
8.チョパレボの曲(曲名聞き取れず)

で、最初の方で書いた、
「ここで、KIYO*SENとかありか?」
は稀有に終わった。

今回、The Choppers Revolutionというバンドは、生では初めて見たが、かなりはっちゃけたバンド。
乗ってくるとかなりエキサイトした荒い演奏になるし、客席まで降りてくるし・・・

まあ、楽しめたので良いが。







Tag:

【イヤホン用リケーブル】FiiO RC-BT

| 2019-03-30 | 21:27:00(Sat) |
[Admin] [NewEntry] [EditEntry]


【イヤホン用リケーブル】FiiO RC-BT

先日、突然名古屋の大須に行くことになったので、それじゃあついでに「eイヤホン名古屋大須店」へ寄っていこうということに。

で、良いヘッドホン、良いイヤホン、良い環境は常に欲しいわけだが、ここ最近で非常に気になっていたのは、Bluetooth環境。
なので、店舗で価格と性能を見比べながら、結局一番リーズナブルな価格の


を買ってきた。
IMG_0543.jpg

FiiOというメーカは、中国の音響機器(ヘッドホンアンプ、デジタルオーディオプレイヤー)を扱っている。
比較的安価な製品を送り出していて、あまりお金をかけられないが、試してみたいというときには良いのではないかと思う。

で、このBluetooth接続で使用するケーブルのスペックを紹介。

品名:RC-BT
Bluetooth:4.1対応
対応コーデック:SBC、AAC、aptx
出力:≧15mW(32Ω負荷)
イヤホンコネクタ:MMCX端子(新形状)
バッテリー容量:120mAh
充電時間:2時間
連続再生時間:約10時間
充電端子:Micro USB

とりあえず、購入の決め手となったのが、
連続再生時間が長いこと、AACコーデック対応であること、価格が安いこと、MMCX端子であること。
お手頃なのがあったら買おうと思って店頭でみていたらこれがあったので購入。
----------------------------------------------

-----------------------------------------------

というわけで、早速使ってみる。
↓中身はこれだけのものが入っていた。
IMG_0544.jpg

今回このケーブルを使うのは、ShureのSE215。
トリプルフリンジのイヤーピースがついているが、耳から外れにくくなるかと思って、半年くらい試しに使っている。
ちなみに、高音がかなり吸われてしまうので工夫が必要と思われる。
IMG_0542.jpg

まずは、今まで使っていた標準ケーブルから取り外す。
youtubeとかで見ると取り外し方とかある。
IMG_0545.jpg

で、RC-BTを取り付け。
取り付ける際に感じたこと。
・差し込んでもパチンと入った感じがしない。グノっていう感じ。
・ケーブルとハウジングはクルクル回らない。
IMG_0546.jpg

まずは、取り付けた状態。
このあと、ペアリングする。
IMG_0547.jpg

私は、iPhoneを使って聴いている。
RC-BTの電源を入れると、下のように「その他のデバイス」のところに出てくる。
こいつをタップして選択すると・・・
IMG_5661.png

「自分のデバイス」の欄に入って再生可能な状態となる。
ちなみに、たくさん並んでいる他のものは、ヘッドホンであったり、カーオーディオであったり、いろいろある。

IMG_5662.png

ということで、取り付け終わって聴いてみたら・・・・・
ドスドス、モコモコ・・・・
これはだめだ・・・・
トリプルフリンジのイヤーピースは、高音吸われるのはわかっていた。
なので、一旦SE215純正のシリコーン製イヤーパッドを装着。
まあ、良くなったがやっぱり低音がかなり強調されている感がある。

あとは、一通り試してみたが機能性はOK.
あとは、聴かないときの持ち運び易さ。
添付のポーチにイヤホン付きで収納可能。
IMG_0548.jpg

コンパクトに収納できた。
しばらく使ってみる。
IMG_0549.jpg



Tag:

【ヘッドホン】SONY MDR-CD900ST 購入

| 2019-03-03 | 23:37:00(Sun) |
[Admin] [NewEntry] [EditEntry]


【ヘッドホン】SONY MDR-CD900ST 購入

なんと、1989年の登場以来、プロ用のスタジオ録音の際に使用するモニターヘッドホンとして活躍している、SONYのMDR-CD900STを買ってしまった。
このヘッドホンは、アーティストのスタジオでのレコーディング風景などでよく登場していたし、登場してから30年たった今でも、現役で・・・・というか、このヘッドホンから変えることができないのだそうである。

IMG_0503.jpg

そんなすごいヘッドホンなど、自分には関係ない(使いこなせない、手が出せない)的に思っていたのだが、突然手に入ってしまったのである。

じつは、土曜日。
所要でとあるスーパーに行ったとき、そこに入っていた楽器やでウィンドウショッピングをしていた際、ふと目についた宅録用のモニターヘッドホンのおすすめコーナーに目が行った。
今、宅録で使っているヘッドホンはリスニング用で、若干低音を持ち上げたチューニングがされているので、最後のミキシングのときはそのあたりに気をつけてやっていた。
でも、安いなら買っとくかと・・・・・。
そこでは、audio-technicaのM20x~M50xが紹介されていたのだが、一番安いM20xが売り切れになっていた。安いので良いんだけどな。


さて、どうするか・・・・と思い、とりあえず、いつもの行きつけの楽器や「ハードオフ」へ。

M20xなどは無かったのだが、無造作に置かれたMDR-CD900STが・・・・

IMG_0502.jpg

ネットでは、標準的な価格が15000円前後、今回は約9000円で発見。


中古なのでどんな不具合があるかも不明だが、とりあえず、買ってしまった。

梱包というか、ビニールを取ってみた状態。
ケーブル長ッ!

IMG_0504.jpg

各部を見ていく。
一番気になるは、イヤーパッド。
当然使用感はあるが、結構まとも。

IMG_0505.jpg

頭の部分も、破れなどもなく問題なし。

IMG_0506.jpg

ケーブルも損傷部位は見当たらない。

IMG_0510.jpg

唯一、「Studio Monitor」の文字がかなり薄れているのが残念な感じ。

IMG_0507.jpg

で、標準ジャックなので普段使っているオーディオ・インターフェース「TASCAM US-200」に差し込んで早速PC内に入っている曲を聴いてみた。

IMG_0509.jpg

イヤー、すごいですなぁ~。
もう、月並みな表現だけど楽器やボーカルが見えるというか、そこにいるような感覚で聴こえる。
もちろん、フラットな特性のようなので、いつものドンシャリ型のヘッドホンのような低音の強調は感じられないが、やっぱりこのヘッドホンはすごい。

だって、これが16000円位で作れちゃってるんだもの。
40000万円とかするヘッドホンってぼったくりか!!と思ってしまう。

つうことで、宅録のときのモニターはこいつでやっていく。




Tag:

【Guitar picup】レスポールのピックアップ交換

| 2019-01-27 | 20:34:00(Sun) |
[Admin] [NewEntry] [EditEntry]


先回の記事で、近所のギターショップ「ハードオフ」でピックアップを買ってきたと書いた。
下のSeymour Duncan APH-1nとSH-4。
IMG_0217.jpgIMG_0218.jpg

というわけで、今回はピックアップの交換。

しかし、
自分の備忘録のためにも、ちゃんと記録として残そうと思ったのだが、作業に没頭し始めると写真を取るのを忘れたりするので、あまり、参考にならないかも・・・

さて、まずは各ピックアップの配線の終端処理の確認。
中古での購入なのでどの様になっているのかをちゃんと確認する必要がある。

見てみると、赤白を短絡して保護してあるので残りの2端子をはんだ付けするようになっている。
コイルタップとかする気もないので、このまま使う。
IMG_0221.jpg

次は、ギターの方。
私の所有するギターは、激安ギターの代表格。
Blitz BLP-450」のゴールドトップ。
ネットでポチッとして買ったのだが、当時の価格は確か12,000円くらいだった。
しかも、貯めたポイントで買ったので実質払った金額は0円。
なので、「0円ギター」なのであるwww。
(この記事を書いている時点で、ホームページを見に行ったらゴールドトップがなくなっている。)

今回購入の、ピックアップは2個で12,960円。
中古ピックアップでもギターより高いやんけ!

IMG_0225.jpg

さて、まずはギターの現在の配線がどうなっているのか確認。

IMG_0226.jpg

激安ギターなのに、スッキリと綺麗な配線。
さすが、ARIA。
左側2つがフロント/リアのヴォリュームで、右側2つがフロント/リアのトーン。

IMG_0227.jpg

拡大すると、こんな感じで接続されている。
はんだも、ちゃんとしてる。

IMG_0231.jpg

ということで、オリジナルのピックアップの取り外し。
弦はそのまま使いたかったので、緩めて外そうと思ったが、私はあまり弦を巻き取らないのであまり緩められず、これが精一杯だった。

赤がフロント、青がリアの配線。

IMG_0230.jpg

早速、ダンカンのピックアップの配線を取り付け・・・・と思ったらフロントの配線が、うまくコントロールキャビティー内に出てこなくて、悪戦苦闘。
リアは簡単にスルッと通ったんだけどね。

結構な時間、四苦八苦したいたのだが、自分で行けないなら迎えに行くことに。
なんでも良いのだが、今回はギターの弦(6弦)を使用。
コントロールキャビティー側から入れて、ピックアップの配線を適当なものでくっつけて引っ張る。
はじめからこうすりゃよかった。

IMG_0233.jpg

そして、ハンダ付け完了。
写真だと、どれが新しくつけた配線なのかわからないか・・・

IMG_0238.jpg

あとは、ピックアップをボディーに取り付けてオシマイ・・・・

のハズだったのだが。。。。。

あれ?エスカッションに取り付けるためのマウントビスが無い。
元のピックアップのマウントビスは、mmネジなので合わない・・・

ということで、急遽楽器屋(今回は本物の楽器さん)へいって買ってきた。
4本しかいらないのだが、8本入り。
あと、ダンカンのピックアップはネジ穴までの寸法が小さいので、短いバネも買ってきた。

IMG_0232.jpg

ちなみに、左が元のピックアップのビスと、バネ。
右側が、今回買ってきたもの。

IMG_0235.jpg

ということで、やっと取り付け完了。

IMG_0236.jpg

弦を張って完成。

IMG_0239.jpg

サウンド面の換装についてはまた今度。



Tag:

【Guitar picup】Seymour Duncan APH-1n / SH-4

| 2019-01-20 | 23:10:00(Sun) |
[Admin] [NewEntry] [EditEntry]


Seymour Duncan APH-1n / SH-4
APH-1n: Alnico II Pro HB Neck Zebra
SH-4: JB Zebra

皆さんご存知の、近くの楽器屋さん「ハードオフ」に結構前から並んでいた、2つのピックアップが気になっていて、ついに買ってしまった。
なので、とりあえず、忘れないようにその時の様子を書いておこうと思う。

まずは、買ってきたピックアップの紹介。
といっても、皆さんよくご存知のピックアップ。なにも目新しいことはない。

APH-1n: Alnico II Pro HB Neck Zebra

中古なので綺麗ではないが、ちゃんと箱あり。
値段は6480円。あと、2千円くらい出せば新品だが・・・・

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Seymour Duncan APH-1n Alnico II Pro Neck Zebra ギターピックアップ
価格:8920円(税込、送料無料) (2019/1/20時点)


IMG_0218.jpg

中身はこんな感じ。

IMG_0222.jpg

配線の終端は二芯対応するように、加工してあった。中古だからね。

IMG_0223.jpg

裏面はこんな感じ。APH-1nのシールが貼ってある。

IMG_0224.jpg

SH-4: JB Zebra

こちらも、中古なので綺麗ではないが、ちゃんと箱あり。
価格は同じく6480円。
SH-4の方は、新品とはもう少し価格差があるので若干お得かな?
おそらく、この2つは、同じ人がセットで持ち込んだんじゃないかと思う。
IMG_0217.jpg 

箱の中身はこんな感じ。
IMG_0219.jpg

こちらも、APH-1nと同じように、終端が二芯対応できるように加工されていた。
楽チン楽チン。

IMG_0221.jpg

裏面はこんな感じ。JBのシールが貼ってある。
IMG_0220.jpg

さて、買ってきたこの一組のピックアップを↓のBlitzレスポールタイプに換装したので、次回は作業の記録を書く。

IMG_0225.jpg




【楽天市場】

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Seymour Duncan SH-5 Duncan Custom Zebra ギターピックアップ
価格:8748円(税込、送料無料) (2019/1/20時点)


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Seymour Duncan SH-2b Jazz model Bridge Zebra ギターピックアップ
価格:9373円(税込、送料無料) (2019/1/20時点)


今一番売れているものをチェック!!
■↓↓最新の音源の発売情報はこちらから↓↓ 
  洋楽検索 邦楽検索エレクトリック・ギター検索




Tag:
アクセスカウンター
累計: 検索エンジン登録はUNFINISHED
本日: SEO対策はUNFINISHED
昨日: メール配信はUNFINISHED

アクセスアップはUNFINISHED
楽天市場


最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
SoundTracking
検索フォーム
twitter


RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR